gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

フリースタイルダンジョン オリジナルモンスター vs 晋平太[俺が晋平太、それがわかるか。]編 その⑤

フリースタイルダンジョン オリジナルモンスター vs 晋平太

[俺が晋平太、それがわかるか。]編 その⑤

 

このブログが某所で"ヤラセ見抜けダンジョン"というように呼ばれているようで、

個人的には、別にヤラセを見抜くために書いている訳ではないです。

 

むしろ、ヤラセなのか演出なのかの境界線については分かりませんが、

 

演出以上ヤラセ未満

 

的な「手心」的なものが加わっている事は、

別に考察するまでもないと思ってます。

 

なんていうか、その「手心」が加えられたことによる

バタフライエフェクト的効果を

探しているようなものですね。

 

個人的な予想としては、まず、

 

1・このRECを開催する事前にモンスター卒業的な話は出ていた。

 

2・むしろこのRECは「モンスター卒業」という

トーリーに沿って演出が練られている。

 

3・それまでに誰かが般若を誰かが倒せばよかったのだが、

誰も倒すことができなかったので、晋平太に番組側がオファーする。

 

このあたりからの予想ですが、

「1」と「2」については、間違いはないと思います。

 

「3」に関しては、真相は分かりません。

 

もしかしたら、

 

4・モンスターたちが卒業するにあたって、

1つわだかまりのあった「晋平太問題」についての終息をさせるために、

漢御大かラスボス般若か誰かが

「最後に晋平太とやってというストーリーにしよう。」

という提案をした。

 

この「4」については、

晋平太がチャレンジする前に、

いきなり般若が出てきて、

「よぉ晋平太」

 

的な感じでいろいろお話してくれたので、

般若がこのストーリーを提案した可能性は

高いかもしれませんね。

 

で、どこまでがどうかは分かりませんが、

 

なんとなくこのこまでのバトルの流れでも、

それこそ、プロの編集が入っても、

隠しきれない「何か」っていうか「臭い」っていうかが、

消せてない感じが否めません。

 

ここまでの臭い点を雑に出しても、

 

1・いきなり般若登場して話す

2・サイプレス上野のコスチューム&菊の花

3・サイプレス上野負けた後の「バトン渡し」コメント

4・漢御大のインタビュー

5・漢御大の1本目と2本目のジャッジ内容

6・漢御大の審査員への「マザファ〇カ」

7・漢御大の「Rして今ではいけないな晋平太」という

フリースタイルラップっぽいコメント

 

このあたりですね。

 

T-Pablow戦に関しては、一番疑ってましたが、

このバトルが一番、演出のないバトルに見えました。

 

そうすると、

 

「とにかく漢御大とのバトルまではテレビ的に絶対。」

 

だったのかなという気がしますが、

 

UMB以来の再戦であるR指定戦も、

テレビ番組的には、撮りたいだろうなと思うので、

なんとなくはやはり、4人目までは進ませようという

意図は臭ってきますよね。

 

ここで、ラスボスとのバトルの前の4人目R指定

彼にその、

 

演出以上ヤラセ未満

 

の臭いが出てるのかどうか。

 

そのあたりを見つつ、

R指定戦を見てみたいと思います。

 

ということで、晋平太VSR指定戦については、

次の記事で。