gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

質問力に又吉直樹うなる 芦田愛菜「圧倒的読書量」の源泉 との対話っていうかメモ。

質問力に又吉直樹うなる 芦田愛菜「圧倒的読書量」の源泉 との対話っていうかメモ。

 

Doモ。

 

最近、インプットモードなのか、やたらYoutube見まくってます。

なにを拾ったのか分かりませんが、

散々見れなかったとあるヤクザ映画を

現在見まくってますよ、コノヤロー。(笑)

 

って事で、そんなもん見まくってんじゃねーよコロヤロー。

って事だとは思いますが、

 

なんかやたら見たいみたいなので、

見てます。で、調べてたらその映画の新作、

今年の10月にやるみたいですね。。。

 

今、もう観たくてしょうがなくなってます。

まあ映画っていうか、コントですね。

ああいう、やってやられてモノみたいのって、

ドリフでもありましたけど、

単純でおもろいのでしょう。

 

まあ、いいや、全然違う記事でした。

 

質問力に又吉直樹うなる 芦田愛菜「圧倒的読書量」の源泉 との対話っていうかメモ。

 

って事で、

すげー対話したいのですが、

時間ないので、一応メモ代わりに貼り付けときます。

 

その記事はコチラです。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

なんで

これ気になったかって言うと、

 

質問力

 

って部分ですね。

 

実は優秀な人って質問力が高くて、

そうじゃない人は、質問力が低い。ってのがあります。

 

これは確実に言えます。

 

つまり、人生の質を上げたければ、

質問の質が上がれば良いのです。

 

つまり質問力の向上。って事ですね。

 

学力が高くても、

社会で役に立たない人が多いのは、

そういう理由です。

 

社会で成功する人たちは、

学力とか関係なく、

皆、質問力が高いんです。

 

実際、ブログビジネスでも同じことが言えます。

まあ、「コンテンツビジネス」って

言った方が良いですね。

 

ある意味、

 

質問って、

 

魔法と同じ。

 

だったりするんですね。

 

この言葉の意味が分かれば、

現代における錬金術師になれるって言っても

過言ではないです。

 

質問力というか、

 

疑問力

 

と言い換えても良いかもしれません。

 

 

ってのは魔法なんですね。

それこそ、正しく引き寄せの法則を理解できている人には、

 

質問すれば、引き寄せられる。

 

っていうこの原理については

説明するまでもないと思います。

 

逆に、質問の質が低いから、

質の低い人生しか引き寄せられない。

 

って事です。

 

なので、

 

「なんかいまいちのもんしか引き寄せられないなぁ。。。」

 

って思ってる方は、

 

質問り質を上げる努力をしてみてください。

 

で、さっきのこの記事、

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ですけど、芦田愛菜の質問力の高さは、

 

圧倒的読書量だ。

 

と言っている訳ですね。

 

個人的には、まあ100%そうとは言わないけど、

必要だとは思います。

 

わたくの質問力の源泉は何かと考えていると、

 

対話の量

 

なのかなと。

 

たたしかに読書する事で、

対話することは出来るので、

 

そうとも言えるとは思いますが、

別に読者じゃなくてもいいかなと。

 

だけど、一人でも出来るって事を考えると、

 

読書

 

ってのは一番いろいろな意味で、

効果高いとは思います。

 

って事で、

 

くだらない引き寄せがなんたら本とか読んだり、

お茶会いだの、引き寄せワークだのイベント行くよりも、

 

質問力を上げれば、

簡単に引き寄せ力も

上がりまっせ。

 

って事だけは言って、

一応この記事は終了。

 

今日こそ、執筆活動再開できたらいいな。。。

どうしたら執筆活動再開できるのだろうか?(笑)