gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

Twitterをはじめてみて、思う事。①

Twitterをはじめてみて、思う事。①

 

Doモ。ようやく3冊目「学校嫌いが創る学校」の

第1章が書き終わりました。

正直きつかったっす。いくらDisるの大好きだと言っても、

あんなに連日、既存の日本教育をDisると、

いちご狩りに行って、気持ち悪くなるぐらいいちご食って、

「もういちごは当分食いたくない。。。」

 

と思うあの状態に近いというか、

「もう既存の日本の教育Disるのは、いいや。。。」

 

って気になりましたね。

もう言いたい事は言えたので、

 

今度は「じゃあどうやって教育改革していくの?」

って事を書くのもそうですが、

何よりも大事なのは、「実際にチャレンジする事」

ですから、

 

ひたすら実践していくって事になりますね。

まあ、そのために今執筆中の本は書かれています。

 

以前、「教育がどうたら」っていうコミュニティ作りましたけど、

まあ、そことの連動も考えております。

 

ちなみに、今このようなTwitterのページを創りました。

 

twitter.com

 

という事で、ある種の「学校嫌いが創る学校」の1つの形ですね。

フリースタイルスクールの「Twitter校」をとりあえずですが、開校しました。

 

フリースタイルスクールについては、

専用のサイトかブログを立ち上げて、

そこと連動して進めていく予定ではいますが、

 

なんかまた、仕事作りすぎて、

結構キャパがなかなかな感じになってきましたが、

とりあえず、GWのイベントの動画配信を済ませられれば、

 

このフリースタイルスクールのサイトづくりも

多少進められるかなと。

 

と言いたいところですが、

結構大きめの案件のプレゼンがいつ入るか次第ってのがありますね。

プロスポーツ球団の方との案件で、

サッカー以外の案件なので、結構わたくしモチベ高くてですね、

これ実現したら嬉しいなって思っているですが、

 

まあ、そのあたりは神の御心のままにって事で。(笑)

1つのオファーにしがみつくと先に進めなくなりますしね。

その他にも今現在、次から次へといろいろな案件が入ってきまして、

 

今回は、自分の周波数的なものが、

どれだけ正常なものに戻ったのかどうかを

確認できるかなってのがあります。

 

個人的にはなんとなく

「波動の低いのってこれ」っていうあたりをつけて、

結構断捨離しましたし、

 

こっちが断捨離しなくても、

勝手に消えてってくれたものも多いです。

それは、ヒト、モノ、コトすべてですね。

 

そして、代わりに入ってきた

ヒト、モノ、コトもたくさんあります。

 

大きなスパンで見れば、

自分の波動というか周波数というかが狂ったのは、

某デブ言語博士と出会ったあたりですね。

冷静に見ればあれはかなりの「悪霊」っていうか

「低級霊」だなってのは、

今思えば分かりますが、その時は、

まあなんかおもしろけりやそれでいい、

変な奴だったらそれでいい。

 

って思ってああいう変なのと付き合ってみましたが、

それだけなら別に良かったんだけど、

ああいうのと付き合い始めて、やってくる

ヒト、モノ、コトってやっぱおかしいの

ばっかだったんだなと。

 

実際、今思うと誰にかけられたのか分からない

催眠術っていうか呪術みたいなものをかけられて、

なんか、ここ2,3年すげー変な世界を

生きていたなって今は思います。

 

これは実際はどうか分からないし、霊視すりゃ分かるんだけど、

そんなもの視るのもめんどくさいので、考えたくもありませんが、

まあ、とある霊能力者とガチでやり合う事になり、

別にこれと言って、お互い命に別条のあるような事とかは

一切起こっていませんが、

その霊能力者がわたくしに何かをかけたって

可能性もあればありますが、

 

個人的には、ある種の「厄年」的な2,3年間がそこにあったのかなと。

細木和子的にいえば「大殺界」ってやつですか?

まあ、なんか酷かったですね。異世界っちゃー異世界だけど。

 

で、今はようやくまともな世界に戻ってきた気がします。

ぶっちゃけっていうか、常に言ってる気がしますけど、

アメブロってのは、魑魅魍魎のうごめく

低級霊の世界だって事だけは間違いありません。

 

あそこに行ってから、さらにおかしくなったし、

あそこから逃げてきたら、正常に戻りつつあります。

 

もうこの事実だけで、アメブロってヤバいって事を、

自分自身は肌で実感する事が出来たので、

誰がこの考えに賛同するかなんて事は関係なく、

自分の人生が好転している事実があるので

それで良いと思ってます。

 

もしも、

「なんか自分の人生しょっぱいなー。。。

引き寄せとかやってもなんも変わんねーじゃん。。。」

 

とか思っていて、アメブロやってる人は、

アメブロやめて、はてなブログに引っ越すことをおススメします。

 

アメブロやってて、

人生がしょっぱい人を見ても、

 

「まあ、そりやそうだよね。。。」

 

としか思えません。

 

大雨が降っている時に、

傘も差さずに外に出て

 

「なんで自分はこんなにびしょ濡れなんだろう。。。」

 

と言ってるのと同じです。

はたから見れば、「そりゃ、濡れるに決まってるだろう。」

って思われてるのと同じです。

 

わたくしいくつものところでブログやってきましたけど、

アメブロほど気持ち悪いっていうか、

悪い意味でヤバいブログを知りません。

 

そして、数々やってきたブログの中で、

一番素晴らしいなと思うのは

はてなブログです。

こんな健全なブログあるのかってほど、健全ですね。

 

健全すぎて、ちょっと面白みに

欠ける部分もありますが、

まあ、健全ってのは良い事ですよね。

だから、はてなブログアメブロみたいに、

気持ち悪いスピリチュアルビジネスみたいな事やってるブログって、

ふつーに気持ち悪いですよね。

 

だけど、それがアメブロの中だと、

あんなのばっかりだから、当たり前になっているっていう。

 

って、これアメブロDisりの記事だったっけ?

 

Twitterをはじめてみて、思う事。①

 

でしたね。。。(ゝω・)テヘペロ

 

実は、Twitter自体は昔から知っていたし、

何度もアカウント作ってやってみました。

 

しかし、ことごとく撃沈し、

Twitterの何がおもしろいのかすら

理解できず終わっていました。

 

今回は、なんとなく分かったのか、

一応楽しんでおります。

 

まだ1週間そこそこなのに、

まったく知らない方何人かと

仲良くなることも出来ました。

 

もちろん、ひっきりなしに言いたい事言ってるので、

「うぜーなこいつ」って思われた人もいると思います。

 

いいんです。

 

全員に好かれることも出来なければ、

全員から嫌われることも出来ない。

 

ので。

 

だったらこれは分母の問題で、

 

大勢の人に声をかけて、

仲良くなれる人と仲良くなればいい。

 

っていうただそれだけの事です。

 

日本人だけで、

1億2千万人いるんですよ。

 

少し、考えてもらいたいのは、

現在あなたは、何人の日本人とコンタクトをとったかっていう

その人数を考えてみてください。

 

せいぜい1万人ぐらいじゃないですか?

 

それよりも全然少ない人もいるかもしれませんが。

では、日本人からその

「自分がコンタクトをとった人間の数」を

引いてみてください。

 

まだ、「1億2千万人」は

残っていると思いませんか?

 

って事です。

 

そうなんです。声をかけても声をかけても、

知らない人だらけだって事ですね。

 

たとえば、旅行に行ったとき、

そこに知ってる人ほとんどいませんよね。

 

そういう事なんです。

 

生きてて、知らない人ばっかりだって事です。

例えば「ソウルメイト」とか言われるような

 

「ドンピシャ」的な人間が、

あなたにとって確率的に0.001%ぐらいこの世界に

存在したとしましょう。

 

0.001%ってのは1パーセントで「100人に1人」なので、

「10万人に1人」かな?

 

たしかに確率低いですね。

だけど、「日本にどれだけソウルメイトいるのか?」

って考えれば、

 

この確率の場合だったら120人ぐらいはいる。

 

ってことになります。

 

自分のまわりに120人、ソウルメイトがいたらどうですか?

ソウルメイトだらけですよね。(笑)

 

まあ、実際のところは生きていて一人も見つからない位だから、

 

「ソウルメイト」とか言って重宝したがる訳ですけど、

実際は「10万人に1人」の確率だったとしても、

日本国内には120人いるって事です。

 

その「ドンピシャ」の人をどうやって探して、

出会うことができるかってのが難しい。

 

昔だったらすげー難しい。ほぼ不可能。

だから出会えると、宝くじで3億円

当たった以上の感動があったりするわけですが、

 

今は、そんなに難しくない。

だって、インターネットで繋がっているから。

 

手あたり次第、

声かけていけばいいんです。

 

しかも、「こいつ嫌い」とか「なんだこいつ。。。」って奴には

声をかける必要がなく、

 

「この考え好き」「この人好き」

って人に声かけていけばよいだけですから。

 

その中に、ある種の相思相愛みたいになる人がいれば、

ただ仲良くなれるってだけ。

 

ちびっ子の時ってそうじゃありませんでしたか?

別に何か細かい事を気にせず、

 

目の前でちびっ子が遊んでいたら、

ズケズケと近づいて一緒に遊んでみたりしませんでしたか?

 

まあ、ほとんど記憶のない位の年代かもしれませんけど、

ちびっこ達見てるとそんな感じですよね。

あれと同じ。

 

だけど、大人になるとそれができない。

 

「嫌がられたらどうしよう?」

とか

「常識的に知らない人に話しかけられるって変じゃね?」

みたいな。

 

だけど、ちびっこたちは平気でそれをやる。

まあ、彼ら彼女らに「常識」はたしかにありませんが、

 

では、ちびっこたちのその行為って

「非常識」なのでしょうか?

わたくしはまったくもって、その行為を「非常識」だとは思いません。

 

それが、

 

自然

 

なのではないでしょうか?

 

って事です。

 

そう考えてみると、

 

「常識」ってのは、

 

不自然だ。

 

って事が言えますね。

 

常識的なことばっかり気にして生きている人間が、

しょっぱいっていうか、幸せそうに生きていない原因は

ここにあるんじゃないっすかね?

 

要は、そういう連中の生き方ってのは、

 

不自然だから。

 

って事です。

 

じゃあ、問題になるのは、

 

「非常識 = 自然」

 

なのか?

 

って事になりますが、

個人的には「=」ではない気がします。

 

だけど、

 

「自然」ってのは、

 

人から見れば、

非常識に見えがち。

 

って事は言えるのではないかなと。

 

それだけ「人間の都合」と

「自然(宇宙って言っても良いかも)の都合」は、

かい離しているって事なのではないのかなって事ですね。

 

あの自然に仲良くなろうとする。

(もちろん相手から拒否られる事もある)

 

あれが、自然的な行為であって、

宇宙的にも正しい行為なんじゃねーのかなと。

 

まあ、それを利用して、

いろいろと奪っていくのが、

大人のテクニックだったりもしますけど、

 

だけど、それはその人の

良心や道徳に問われる部分であって、

 

「いろんな人に、自然にコンタクトをとる」

 

っていうここ自体は、別にあくどくもなんともないし、

日本人だけでも1億2千万人もいるのだから、

コンタクトとらない、オファー出さないってのは、

自分の人生における機会損失でしかないって事なんじゃないのかなと。

 

まあ、またそこと間違えて、

ただ単に有名人にオファー出せばなんか起こる的な、

自分自身を磨かずに、甘いものにすがろうとする

ミーハー波動の人とかもいますし、

 

まあ、世の中大人になると、

いろいろなステージの人がいますが、

孔子が言ってるように、

40まではそれでも良いとしても、

 

40歳になったら、

へんな低級霊、悪霊のたぐいの人間との関係は絶って、

まともな人生を生きようと思います。

 

ってのが、わたくしの余生に対してのCommitでございます。

 

そういう意味で、

 

Twitterってツールは、

非常に面白いツールだと思います。

 

いろいろな人に声かけてみれば、

分母が凄い多いし、

面白い人も沢山いるので、

 

普通に「引き寄せツール」としては、

最強かもしれません。

 

その意味ではFacebookは、

そんなに知らない人に声のかけやすい場ではなく、

結構クローズドな場なので、

 

Twitterで仲良くなったら、

Facebookで友達になる。

 

みたいな感じが良さそうな気がします。

 

まあ、Twitterはおススメです。

コスパ凄い高いです。

 

個人的には、Twitterは変な出会い系ではないと思います。

 

まあ、変な奴から声かかってきたら

無視すればいいんです。

プロフ見たら分かりますよ。(笑)

 

まあ、わたくしのプロフも別の意味で、

変かもしれませんが。。。

 

って事で今回の記事はこんな感じで。

 

これで約5000文字。。。

 

本書くのと、

ブログ書くのでは、

 

同じ文字数書くのでも、

ぜんぜんスピードが違いますね。。。

(本書く時はブログにくらべて結構、時間かかってます。。。)