gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

「大和魂の研究」執筆中に出会ったSpecialThanks的記事。①

大和魂の研究」執筆中に出会ったSpecialThanks的記事。①

 

Doモ。さっき執筆したけど、

食事改善のし過ぎがおそらく原因なのだと

わたくしは予想しておりますが、

 

とにかく体調も変(良い意味でね。)だし、

なんつっても感覚が変なんですわな。

 

体が軽すぎると、軽すぎて逆に動きづらいっていう経験を

した事ってありませんか?

わたくしは結構あるのですが、

 

それが心身ともにくるってのは

わたくしにとってはあまりないことでして、

とにかく今現在生活しづらくってしょうがありません。

 

いつもの文章書くチャンネルとズレているのでしょう。

全然、エネルギーが乗っかった感じがしません。

かと言って、いつもの調子で書けば、

それはまたひとつの「階段の踊り場現象」の可能性高しなので、

 

もうこのまんま、変わりつつあるこの感じを

馴染ませつつ生活するしかありません。

 

だけど、やっぱり「自分の内側の世界」も「自分の外側の世界」も、

不純物がガンガン除去されてる感じはしますよ。

 

それだけに不純物っていうか、刺激物的なものに依存して

生活していたことを反省させられるばかりですが、

そもそもアメブロ自体がありゃ不純物でもあり、刺激物だろうし、

アメブロやるきっかけになったあの連中も

不純物っていうか刺激物みたいな連中だったし、

 

その当時に引き寄せられるものって、

見た目的にはワーキャー言われ、金もそれなりに入ってきたけど、

やっぱ不純物であり、刺激物みたいのだったよな。。。

 

おかげで見た目的には、80キロ時代ですらデブだったなのに、

さらに約15キロ肥えてた訳ですから、そういう「自分の外側の世界」ならば、

それに「自分の内側の世界」が同調しているのであれば、

同情されたところでどうしようもなく、

道場にでも通って稽古でもつけてもらわねば、

心身共に改善などされない状態だったって事ですね。

 

まあ、わたくしの身体をどっかの性欲デブのように、

完全に我欲まみれにせずに、助けてくれているのは、

 

人間はいつだって自分の都合の良い部分しか見せようとしてこない。

 

っていうこの人間の性的な機能の事を知っていたからでしょうね。

そうでなければ、某性欲デブと似た類の我欲デブが

二丁アガっていたいたところでしょう。

 

まあ、その性欲デブは

「自分を戒めないとただの千と千尋の神隠しに出てくるブタそのものになっちまって、 飛べないブタはタダのブタどころじゃねーぞ。」

 

と戒め提案をしたのですが、

まあご存知の通りただのニギシメ性欲デブとして、

相変わらず、40も過ぎて盛っちゃってもうた大変ですわな。

盛っちゃってるだけでなく、

運気も下がっちゃったりしてもう大変っていうか、

その生きざまはまさに変態って感じで、

ご健在なのかもしれませんが、

 

そういう生き方は、エネルギーの借金地獄のようなものですから、

それこアコム田中が実際に借金にまみれてるのと、同じで、

エネルギーのアコム田中みたいなものなので、

まあ、似たもの同士がつるんでるっていう

類友の法則からすれば、

まあ、分からなくもないなっていうね。

 

まあ、もったいないとは思いますよ。

ある部分では才能もあるだろうし、

ストイックな部分もあるだろうけど、

それが何かのトラウマだったり、

金八先生の言うところの「心の傷」的なものを癒すための

コンプレックス解消のためのがんばりだとすると、

 

結局その反動で、性欲だったり食欲だったりでその傷っていうか

空いてしまう溝を常に埋めに行かないと、

それこそ、達英がないっていうか、立つ術がないっていうか、

そのうち勃つものも勃たたなくなっちゃってたりするのかもしれないけど、

そっちだけは教師ビンビン物語かもしれませんけど、

 

まあ、そういう地獄から抜け出せないデブは、

欲望を抱きしめてTonightしてりゃいいんじゃねーかなと。

 

っていうか、なんか調子よくね?わたくしのこの文章の走り。(笑)

結構RAP出来てんじゃねーか、俺。

っていうかまあ、

 

分かってますよ。性欲デブいじりすりゃもとの周波数で書けることは。

だから、本来はやっちゃいけないのでしょう。

 

引き寄せちゃうから。

 

また別のパターンの性欲デブだったり

刺激物的人物みたいのを。

 

って事で、よろしくないパターンで書いてしまったのでこの記事終わり。

 

綺麗な状態で、

②でSpecialThanks的記事を書くことにしませフ。

だけど、ユニセフに寄付されたかのように、

ちょっくしら気持ちに、不純物が寄付された気がして、

 

まあ、よろしかないんだけど、

ちょっとばかし、不純物っていうか糖分的な報酬的な応酬がないと、

ちょっと気持ち的に収拾がつかないってのは、重々承知の上で、

やっぱり飢えたとしても当分は、とそれこそ等分にでもして

我慢した方がいろいろと吸収できること多いし、

それこそ、そういう学ぶべきことが多い日も安心だろうし、

 

そんなときはやっぱりOh,yeahって感じで。

 

どうしても韻が出ちゃうときも、

どこかの国の王子で呼んできて応じてもらえれば総じても、

掃除しても相似してても、興じていられるかなって事で、

 

合掌。