gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

フリースタイルダンジョンに呂布カルマが登場した話②

フリースタイルダンジョン呂布カルマが登場した話②

 

Doモ。今日は、久しぶりに恵比寿に行って、
投資家仲間達との会合などを楽しんでおりました。

 

久しぶりにシャレ乙なお店で、

ワインとか飲んじゃったりして、

上品な料理楽しんじゃったりなんかして、

ひさしぶりにブルジョアっちまった感じしますが、

まあ、たまにはいいでしょう。

 

さて、

 

フリースタイルダンジョン呂布カルマが登場した話②

 

ですけど、やっぱり3人目のモンスターはDOTAMAでしたね。

そして、やっぱり「悪口対決」みたいなMCバトルで御座いました。

 

なんか、NAIKA MC絡みのやり取りでバトってましたけど、

今回は、呂布カルマがDisっていたように、

 

モンスターとしての立場

 

ってのがテーマというか、

もうあそこDisられるような発言をした時点で、

少なくともフリースタイルダンジョンという

コンテクスト上はダメだと思うんですよね。

 

モンスターが

「NAIKA MCが般若まで辿り着いたのが嬉しくて」って言っちゃダメでしょ。

 

Softbankの社員が

DoCoMoスマホ売れて嬉しいって言ってるのと同じでしょ。

 

心で思うのは、自由だけど、

モンスターという役になり切れてないっていうか、

もうどっちかっていうと、

呂布カルマの方がモンスター度高いっていうか。

 

それこそ、T-PABLOWが、

呂布カルマに対して

 

「すげーキャラ作り上げてる」

 

って事を言ってましたけど、

キャラ立てる力が強いって事は、

すげー呂布カルマは、モンスター向きって事ですわな。

 

ただ、呂布カルマ的にはあれだけDisってて、

自分がモンスター側に行くとブレるので、

モンスターにはならない方がかっこいい気はしますけど、

ちょっとDOTAMAは「モンスターとしての立場」を

意識してない発言が多すぎるかなと。

 

さて、バトル自体においては、

3対2

2対3

クリティカル

 

って事で、呂布カルマが勝利しました。

DOTAMAの人の好さが出て、自爆した感じのバトルでした。

っていうか、3ラウンド目は、

 

本人同士ではなくて、

KEN THE 390が1番被爆してた感じのバトルで、

なんか笑えるか笑えないかっていう事であれば

ある意味面白かったんですけど、

DOTAMAは最後までバチバチにやり合って欲しかったですね。

 

いまいちよく分からないのですが、

3ラウンド目ってDisるってよりも、

「健闘をたたえ合う」みたいなラップをする人たちが多いのですが、

あれは暗黙のルールみたいな何かがあるのかどうかが気になります。

 

ただ、DOTAMAがそれやったら、

呂布カルマはゲロ無視て最後のラウンドも

淡々とDisり続けていたので、

別に、それに付き合う必要はないんだなという

理解はしましたが。

 

で、まあこんなもんは予想でもなんでもなく、

4人目はR指定のご様子ですね。

テレ朝先生、包茎の皮を引っ張るがごとく

放映の尺を引っ張りましたね。。。

 

R指定戦、来週までお預けかよ。。。

しかも、ちょっとばかしバトッてるところ見せてくんじゃねーよ。

それはmistakeだと思うよ。

 

そういうのはー、よしてー。

 

早ーよしてー。

 

まあ、呂布カルマ-R指定戦すぐ見たい気持ちに対して、

 

早まるな、欲張るな。

 

ってことで、

 

合掌。