読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

ブログサイファー祭り③ へんてこ村との対話

ブログサイファー祭り③ へんてこ村との対話

 

大体ブログサイファーってのは、

知ってる人のブログ記事を

取り上げていじってるのですが、

わたくし、このへんてこ村の雷理さんの事を

存じておりません。

 

なのに何故、いじるのかっていうと、

このテイストが好きだからですね。

プロフィールもふつーにへんてこだし。

 

ちょっと貼り付けますとこんな方です。

 

雷理さんのプロフィール - はてな

 

ふつーに「へんてこ」っぷりが滲み出てますよね。

なかなかいないよなっていうか、

で、ブログ記事読んでも、

すげー役に立ちそうなこと

書いてくれたりしてるのですが、

なんか「へんてこ」っぷりが

滲み出てて素晴らしいなと。

 

そんなへんてこ村にわたくしは

事あるごとに癒されに行くのですが、

遊びに行ったらこんな記事が書いてありました。

 

www.rairi.xyz

 

もう記事読んでないのに、

へんてこ感が伝わってくる

"へんてこ"クオリティの高さってなかなかないですよね。

 

これからも、我々にへんてこぶりをGIFTし続けてくれることを

楽しみにするばかりですが、

 

ということでもう対話する必要もないのですが、

せっかくなので、「へんてこ」との

対話をしてみようかなと。

 

とりあえず辞書で調べてみると

 

へん‐てこ【変×梃】 の意味

[名・形動]奇妙なさま。変なさま。また、そのようなもの。へんちき。へんちくりん。へんてこりん。「―な建物」「―な理屈をこねる」

 

すごいですね、、、意味。そこまで言うかっていう。。。

たしかにそうなんだけど。

 

「へんてこ」ってのがやっぱり音の響きからして何から何まで、

へんてこ村のブログってのはマッチ感がはんぱないっていうか。

 

何ていうんだろうか。「ちょうど良さ感」がはんぱねーっていうか。

変過ぎるとドンビキの対象に入っちゃうでしょ。

わたくしは大体やりすぎてドンビキの大将に

なっちゃう事が多いのですが。

 

「へんてこ」っていう領域はそうはならないっていうか。

だって

「へんてこなんだからしょうがないじゃない。みんな、この子と仲良くしてやって!」

 

感が半端ないっていうか。誤解を恐れず表現するとそんな感じで、

言い方変えれば「なんか人と違うんだけど、愛されるべき対象」それが

 

"へんてこ"

 

って事なのだと思います。

なかなかなりたくても"へんてこ"にはなれません。

そのバランス感覚を保てないからです。

 

カッコツケすぎてなんか常識人ぶってみたり、

変になりすぎてドンビかれてみたり、

ふつーにしようとしすぎて、すげー不自然な感じ出してみたりとか。

 

つまり、"へんてこ"ってのは、

 

自然体

 

とも言える訳で、

 

むしろ同じ人間がこの世界に

誰ひとりも存在しないってのに、

なんかみんな似てる感じになってる事の方が変なんですけど、

社会はそっちが正しいってしてしまったので、

 

"へんてこ"を許さない空気がある中、

なぜか許されてしまうのが、真の"へんてこ"なのかなって

勝手に思っております。

 

だから、遊びに行くとふつーに癒されるんです。

まさに、ブログ界の天然温泉的な。

 

神さまも捨てたもんじゃないな的な。

 

狙ってできる訳ではない"へんてこ"。

まあ、まわりからどう思われようとも、自然体を貫く。

もちろん意識したらダメ。無意識に自然体。

 

それが"へんてこ"から醸し出される

"へんてこ"ならではの輝きなのだと思います。

 

ということで、

勝手に"へんてこ"いじりの記事終了っす。