読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

ブログサイファー祭り② 大企業の偉そうなやつ何故頭悪いのかとの対話

ブログサイファー祭り② 大企業の偉そうなやつ何故頭悪いのかとの対話

 

今日だけ執筆活動休みにして、

ブログサイファーに興じたいと思います。

 

で、次のブログはこちらのと対話

 

southpark155.hatenadiary.jp

 

こちらです。まあ、言いたい事を

この方なりにブッ込んだのでしょうけど、

対話から逃げているのか、

それとも雑なのかは分かりませんが、

 

それこそ釣ってきた魚のほとんどを

調理せずに捨ててしまっている感が半端ないので、

わたくしがゴミ箱から拾ってきて、

それらを調理してみようかなと。

 

そもそも「なんで」って書いてあるのに、

なんでなのかも書いていない気がしてならない。

 

そして「頭の良い・頭の悪い」もど

ういうことなのか書いてない。

読んでいて察するに、

この方が言っている「頭が悪い」ってのは、

 

1:理解しようとしない

2:配慮がない

3:人扱いしない

 

このあたりなのかなと。

少なくとも「頭の形の良さ」ではないっぽいし、

「頭で、釘が打てるかどうかっていう強度」でもなさそうだ。

 

かと言って、センター試験がどうとか、

どこの大学出たとかでもなさそう。

 

そのオッサン達の中には、

東大卒のオッサンとかもいそうだし、

そういうオッサンでも、

このブログ主からは「頭悪い」と

評価されてそうな気がする。

 

ということはだ。

 

何故頭悪いのか

 

ではなく、

 

何故心がないのか?

 

という問いなのではなかろうか。

 

そのオッサン達は少なくとも

その「大企業」とやらに入れた。

少なくとも社会の基準では

「エリート」側に属する人たちだ。

むしろそのオッサン達は

どちらかというと「頭が良い」側に

分類されてる気がする。

 

もしも「頭が良い」という

コンテクストで言うのであれば、

 

自分で考える力がない

 

と考えた方が妥当かな。的な。

 

そらそうだ。わたくし1冊目の本に書いたけど、

こういう「大企業のエリート」ってのは、

 

「自分で考えずに、とにかく言われたこと、

敷かれたレールをどれだけお手本通りになぞれるか」

 

っていうレースにおける優秀者なのだから、

 

っていうコンテクストにおいて

「頭が良いか悪いか」って事であれば、

そら、悪いに決まってる。

 

そういうコンテクストにおいて、彼らは頭が悪いから

大企業のお偉いさんなのだから。

踊る大捜査線」しかり、外のもそうだけど、

「上から言われたことを疑わずにきちんと守れる」

 

ってのがエリートの証であって、

いつの世も、どの時代でも、

 

わたくしみたいな、「いう事聞かない奴」ってのは、

社会から見れば、ゴミ以下の扱いされるのがふつーなので。

 

まあ、時代がわたくしみたいのにとって

良い時代になってくれたから、

社会からゴミ扱いされたとしても、

自由奔放に楽しめるって世界があるので、

こんなですけど、

 

多分、20年前だったら、

わたくしにしても、どっかの引き寄せおばちゃんにしても、

社会から見ればただのゴミ以下の存在ですよ。

 

それこそ社会っていう鉄仮面が、

この世界から大分ひっぺがされたとも言えますね。

 

なので、大企業にいるような連中は、

例外なくそんな奴らばっかりなのですから、

 

それこそ喫煙ルームに入って、

「なんでこんなに煙いの?!最悪ー、お前ら死ね!」

 

って騒いでるのと同じですよ。

それはさすがにかわいそうでしょ。

 

禁煙の場で、その状況ならばともかく、

「喫煙したい人はここで吸ってね」

って場所で、そんなこと言われたらたまったもんじゃない。

 

わたくしにはそういう風に見えますよ。

つまり

 

「喫煙OKの場に行って、「煙いから辞めて!」って言ってる」

 

って事。

 

わたくしも大嫌いですよ、そういうオッサン達。

だけど、まあ会わないですね。この生活してる限りは。

もしも出てきたら即逃げるし。(笑)

昔は殺す勢いで喧嘩売ってたけど。汗

 

って事で、

 

そういうオッサン達が嫌いであれば、

そういうオッサンがたむろするようなところに

行かなければ良いってだけ。

 

酔っ払いとか嫌い。最悪。

って思うのであれば、飲み屋っていうか

居酒屋に入らなければ良いだけ。

 

「酔っ払いのいない居酒屋に行きたい」

 

って無理っしょ。。。

 

それを実現したいのであれば、

貸し切りにでもするしかない。

 

話し戻せば、

 

「自分で社長やって、それらを排除するしかない」

 

って事ですね。

 

まあ、これが本に書いた領土ゲームってのに

大きく関係してますね。

 

なので、「あれが嫌い」「これが嫌い」と思うのであれば、

 

自分で「こういうのが理想」ってのを

作るしかないです。

 

では、どうしたら

「大企業のただ偉そうなだけの考える力のないオッサンのいない環境を作れるか」

 

できたらこれを考えてほしかったですね。

 

文句言ってるだけじゃ、

 

飲み屋よくいそうな

政治批判してる大企業の偉そうなオッサン達と

同じになっちまいますよ。。。