読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gachispilabのブログ

自称ブログラッパーのなんでもお楽しみブログです。むしろパラッパラッパーって感じでラッパ吹いちゃう感じです。

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

 

Doモ。ようやく毒素が抜けてきた。(笑)のかなんなのかわからんけど、

あのなんとも言えない気持ち悪い感じが消えてきました。

 

おそらく、一気に断捨離しすぎたのでしょう。

ただ、それによって新しい取り組みを

ようやく始めることが出来ました。

 

これで一番やりたい

「某学校づくり」っていうか

「某フリースクールづくり」っていうかが

確実に実現しそうでございます。

 

やっぱり、情報空間という

MP(マジックポイント)は、

使ってナンボって世界ですね。今の世の中。

 

HP(ヒットポイント)でガツガツ削り合う

肉弾戦だけでいける人は

もちろんそれで良いかもしれませんが、

今の時代、MPをどう使って、

賢く生きるかって事も

問われている世の中なので、

 

上手にやっていったら

良いのになと思いますけど、

まあそのあたりも人それぞれですから、

どーぞお好きにって感じで、

 

まあ薄気味悪いインチキスピリチュアルに

傾倒しちゃうのも1つの

手かもしれませんが、

 

そういえば、わたくしの

「アタル式霊能力伝授」という取り組みも、

1つの区切りと言いますか、

新章突入と言いますか、

わたくしの直伝の章は終了し、

伝えた人たちが伝えていく

段階へと移行しました。

 

個人的には某サッカー協会とかにありがちな、

クソくだらねーピラミッドシステムだけは

作らないでほしいなと思いますけど、

 

まあ、レベルが高い人が

レベルの低い人を導くってのは

当然あり得るスタイルなのですが、

問題なのは、その上下関係が逆なのに、

ただただ、長くいるから上みたいな、

 

恨み屋本舗でも描写されてたけど、

よく某スポーツクラブで長くいたババァが、

なんかロッカーの場所まで牛耳るかのような

よく分からない縄張りシステムだけは

勘弁してほしいなって思います。

 

とは言え、10中9か9.5はそうなるんですけどね。

むしろ0.5だから約5%ぐらいの確率で、

奇跡的な良質コミュニティが出来上がって、

 

世の中を革命的に進ませる

可能性はなくわない訳ですから、

その約5%に賭けるしかありません。

 

これは、もはや人間のセンスだとか

能力だとかではない気がします。

それこそ

 

"選ばれているか、選ばれていないか"

 

なのかなと。

 

まあ、冷静に『生命の樹』のシステムを

読み解くことをおススメしたいですけど、

巷に出ている『生命の樹』のお話は、

もはやなんていうんだろ、

原形をとどめてないなんだろ。。。

たとえたいけどでてこないや。(ゝω・)テヘペロ

 

まあいいや。またテーマと違うわ。。。

ブログはこれがあるから楽しいんだけど。

 

で、テーマは、

 

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

 

これやな。たしかにこれはパターンの外だった。

久しぶりに文章ダラーって書いて

ろくに開業しないで文章書いてますけど、

やっぱ本ってこんな感じだわなってのも

味わえておもろい。

そして、本とアタル式のブログライティングの

スタイルが全然違う事も分かる。

 

なんつっても本書いてる時は、

Disってる対象が違う。(笑)

アメブロの小者どもの事など

一切頭に浮かんでこない。

それこそ、Disっている相手は国家だったり、

国家の上にある何かだったりするって言う。(笑)

 

まあ、やりたかったことはこれなんだろうなと。

ブログをやって、コンテンツ作ったり、

プロデュース業やって、講師とかしてみて、

結局この階段の踊り場に

いられなくなったのだろう。

 

まわりの自称

「講師」「リーダー」みたいな奴らにも

愛想をつかした感じもする。

もちろん、その対話の問いは、

ひたすら矛盾しているマトリョーシカみたいな、

中身を掘っても掘っても何が答えなのか

結論づかないようなものなのだが、

 

「教育者」を気取る上では、

そこから目を背ける訳にもいかず、

向き合わなければ、もはやすることは

 

ふんぞり返る事

 

しかない。だから「先生」とか「教授」って

 

デブが多い。

 

んですよ。(笑)

 

だってふんぞり返ることしか

やる事がないから。

 

そのあたりに対するチャレンジであり、

「1段上のアンチテーゼ」なんですわな。

 

下から引きずり下ろすアンチテーゼではなく、

上から引っ張り上げるアンチテーゼ。

 

正直、そんなアンチテーゼを

ぶつける事って非常に難しい。

 

だから、計算もせず、狙いもせず、

ひたすら適当に投げ続ける。

 

そうすると、なんかしらが

上にある何かにフックする。

 

引っかかったら、リポDのCMよろしく、

ファイト一発で登ってみる。

 

進化ってのはこの繰り返し。

そこに命の保証なんてない。

 

登ってみてそこに楽園が

存在するかなんて言う保証もない。

むしろ登る前の方が、楽園だったりする。

 

だけど、楽園に定住することが

「幸せ」なのかっていうと、

そうでもない気がする。

 

それって低級霊の

イタズラなんじゃねーのか?

 

と。

 

そもそも人は生きる目的を

忘れて生まれてくる。

もちろん、そんなもんは

はじめからないかもしれない。

 

だけど、「死後の世界」が

存在する例のシステムであれば、

そういうことになる。

 

だとした時に「楽園に定住する」なんていう課題を、

死後の世界で

自分自身設定するのだろうか?

 

おそらくしない。

 

だったら、生まれてこない方が

よっぽど楽園なんだから。

 

某異世界に行った体験談の中に、

はっきりと「この世界は地獄」って

言ってる異世界があるけど、

わたくしもそう思う。

 

こんな地獄みたいなところに生まれてきて、

そこにある「なんちゃって楽園」に定住する。

 

っていう矛盾。パラダイスかもしれんけど、

それは魂というシステムから考えれば、

パラドックス

 

世界観と人間の自我が反目し合う世界観。

それこそ、自分の都合というハンモックで揺られて、

死ぬまで夢を見続ける幻想。

 

幸せを掴んだ妄想を夢枕に

安息の日々を送っていると勘違いしつつ、

実際は何者かにただ監督されているだけ。

 

むしろそこから抜け出すためには、

縛られているルールに対して

反則でもおかすしかない。

そんな時に、甘いお菓子の販促なんか

している場合ではない。

もし売っちゃったとしても、

韓国人がお菓子のゴミを

会場に撒き散らすことに対して、

いちいち注意勧告している場合でもない。

むしろやらかしたら、

そこについては土俵際で踏ん張って

後方にうっちゃった方が良い。

 

もちろん広報などしてはいけない。

方法についても議論の余地はない。

同朋なのかどうかも分からない。

自棄になって暴動を起こしてもいけない。

 

むしろ注意勧告すべき対象は、

となりの国の方達にではなく、

自分自身なのだ。暗黙の了解的に、

見て見ぬふりなどしても、

それこそ自分の魂など成長する訳がない。

やはり傾聴すべきは自分自身なのだ。

 

外側から甘美な誘いが来たとしても、

それは丁重にお断りした方が良い。だって俺たち霊長類。

 

もちろん、脳内から出る物質が、

それなりに居心地の良いものならば、

正常位のまんまで良いのかもしれんけどね。だって私たち霊長類。

 

もしもゲームで考えれば、

ずっとボーナスStageで、

コインをチャリンチャリンさせつづけていたら、

それは「糞ゲー」という烙印を押されるのが必須。

その烙印は低級霊があなたに捧げるKiss。

バックの中にblackdiamondを詰め込んで

バックれるはぐれメタル

経験値荒稼ぎの童貞たちの道程。

 

ダイヤ売って買う豪邸。楽園に定住するSTAY TUNE。

 

それは快楽のようで、

実は、とんでもないドロ沼に喫す。

楽園の定住によって

一番大事なものを失する。されこそ幸も薄め。

 

何が正しいかは、あの二重らせんの梯子が

シースルーで教えてくれる気がしますけどね。

 

そこに我々人間は、あーだこーだと

偉そうなことが言えないでしょ。

そこ人間様が設計したところじゃないので。

 

まあ、登り着く先に拝める絶景は、

むしろ絶望的な世界なのかもしれないから、

飛び降りて事故って

別世界へ飛び立って、

自己の再設定を行う流れなのかもしれません。

 

って事で、

ハマりスイッチが入ってしまったために、

このブログ書くモチベが

どーしても落ちてしまっているので、

陰謀論ではなく、韻暴論者へと化し、

終始、韻踏みまくる事で、収支を合わせていく帳尻合わせ。

 

という調子に合わせて、

ライドオンならぬライムオン。

ライオンハートならぬ、ライムオンハート。

 

踏んで踏んで踏みまくり。

 

未知との遭遇よりも、

快楽主義者が求める

bitchとの遭遇。

 

否、調子に乗って

上に乗られてbitchとの挿入。

 

だとしても、気丈に振舞って、

外では騎乗して急いで事情を伝えて、

その後自浄して、自重するstyleはやっぱり異常。

 

なので、誰かに委譲。これ以上は無常。

恋い焦がれて慕情。フランス人にBonjour

 

そして、やっぱり、

実地での交流。

 

一致してFor you。

 

鮎も欲情も上流から放流。

 

やっぱりしたいよね、豪遊。

 

ああいえば、上祐。総入れ歯の恐竜。