読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かにとってはそれが世界だけど、わたくしにとってそこは異世界だった。(下北沢編)

誰かにとってはそれが世界だけど、わたくしにとってそこは異世界だった。(下北沢編)

 

最近、NAZOに早寝早起きである。

22時ぐらいになると、なんか寝てて、

気が付いたら朝になってる。

 

「やたら眠い時」ってのは、

いくつか原因があるのかもしれませんが、

わたくし「人間はパソコンとほぼ変わらない説」みたいな考え方で

生きている部分がありまして、

 

なんかアップロードっていうか更新する時って、

ある種パソコン寝てる感じになりますよね。

 

その調整が行われているんだろうなーと。

 

そして人間毎日睡眠するのは、
ガチふわった仮説ではありますが、

っていうかそれほどふわってない世界でも

まあ間違ってないと思いますけど、

 

「何かの調整」

 

をしているってのはあるとは思います。

ある種ガチふわってない側で言えば、「睡眠」こそが、

自分としてのコンフォートゾーンにへばりつかせる

罠である可能性もあるし、

その逆の可能性もある。

 

ここはもうちょっと違う

観点の仮説をぶつけてみないと、

対話できないけど、

今はなんかそういう気分じゃないので、

やめときます。

 

とりあえず、てきとーな問題を

投げっぱなしジャーマンのごとく

後方へぶっ飛ばして、

 

昨日会ったことをてきとーに書いて、

この記事は終わり。

 

なんか知らんけど、いつもみたいにノらない。

5000文字とかよく書けるよな、、、我ながら。

 

で、今回は、

  

誰かにとってはそれが世界だけど、わたくしにとってそこは異世界だった。(下北沢編)

 

行ったことあります?シモキタ。

 

まあ、住んでる人にとっては、

あの世界っていうか世界観が

当たり前なのかもしれんけど、

なんなんだよ、あの街。。。

 

ある種365日ハロウィンイベント

やってるんじゃねーのかってのは言いすぎですけど、

やっぱりあれは「ノーマル」ではないですね。

 

明らかに、周波数が狂ってる感じがします。

 

最近、NAZOに早寝早起きである。

 

行ってみればすぐわかりますけど、

たまに電車に「なんか変わった格好の人」とか

乗ってくるときありますけど、 

 

下北沢の街中は、そんな人ばっかです。。。

 

やたらモデルの人をおっさんが撮影してたり、

ショートムービーなのかなんなのか知らんけど、

街中でやたらなんか撮影してたり。

 

とんでもねー街だなって思いました。

大げさに言えば、

あれは異世界の入り口みたいなもんですね。

っていうか半分ぐらい異世界に

なってるかもしれません。

 

で、なんでわたくしそんなところに、

この歳で行ったのかというと、

 

ある起業家の方に、投資他をお願いされまして、

その起業家の方が下北沢で

店をやってるっていうので、

プロデュースというよりも今回は

「ブランド構築」の手伝いですね。

 

「世界観づくり」とも言えますが、

そのインタビューというかもはや

昨日のは振り返ってみれば、

 

ただの神田昌典せんせの

某ワークやってただけ説ってのもありますが、(笑)

 

とりあえず、

お店どんな感じか見たかったのと、

実際に作って販売している

商品も見たかったのと、

 

本当は、下北沢に行けば、

多分イカレた磁場っていうか

周波数が期待できて、

 

わたくしタイプのマジメちゃんが行けば、

きっとおかしな方向に、

チャンネルずらしてくれるだろうという

安易な期待によって行ってきました。

 

もちろん予想は的中で御座います。

 

ある種、新世界だったり、飛田新地だったりよりも、

インパクト強かったかもしれません。

 

もうみんなであのNAZOの空間を作り上げてる感が

ハンパなかったっす。下北沢。

 

それこそ新宿スタイルもビックリって感じで。

 

だけど、まあ今度その記事書きますけど、

その新宿スタイルに傾倒している

某氏個人に関しては、

 

ハンパネーな感は下北沢以上だったりしますけど、

まあ、その話は別の記事にとっておくことにしまして、

 

まあ、変な街でしたね。

 

ほぼ、関わることは決定なのですが、

あの街に関わるのか。。。

 

って事を考えると、

引き寄せの法則」なんていうコンテクストを絡めて

これらわたくしの「今ココ」を裏読み擦ればですね。

 

やはり、異世界大好きアタルちゃんとしては、

いい線いってるって事ですね。

 

まあ、ここもいろいろあるんですね。

 

だって「何かを捨てる」からそこに空間(スペース)が出来て、

そこに新しいものが入ってくる。

 

これが、ひとつの宇宙の法則の基本っしょ?

 

吐いたら吸う。的な。

 

食ったら出す。的な。

 

なので、ひたすら断捨離しまくってますからね、わたくし。

特に「なんかいまいちだな。」

 

って時は意識的にやります。

 

もうわたくしのFacebookには

砂嵐関係のプレゼンターだの、

銭ゲバ性欲デブだの

友達のリストから外れてます。

 

インターネットのビジネスの有名人たちも

全員消しました。

 

あ、そーいえばくだらねーネットワークビジネスでしか金稼げない、

三重県のインチキフィリピーナと

その手下どもも消しました。(笑)

 

これなんていうんだろ。

ふつーの「つまらない周波数の人」

いわゆる「大衆」って言われる人たちですけど、

 

これ某「引き寄せ暦」でこの前書きましたね。

 

「大衆(≒交換可能な部品のような

 つまらない人生しか引き寄せられない人たち)」

 

の特徴

 

なのですが、

 

1・当たり障りがない

 

2・きれいごと

 

っていうこの2つ。

 

もしもね。「面白い人生」っていうか

「質の濃い人生」を引き寄せたいのであれば、

 

この「大衆」がやってる逆の事を

すりゃいいんですよ。

 

だから

「携帯電話のアドレス帳見て、

「こいついらねーな」ってのは片っ端から消してけ」

 

って言ってるんですね。

特に過去付き合ってて、

今付き合ってない人間なんて、

消さないと始まらないですね。

 

もっとポイントなのは、

 

「なんかこの人と繋がってると後々いい事あるかも」

 

「この人、それなりに有名だから繋がっておいて損はないかも」

 

みたいな奴ら。

 

こいつらを全員断捨離すると、

あら不思議って事が

起こり始めます。

 

もちろん、今ふつーにやり取りしてる人を

消す必要はないですよ。(笑)

 

もう半年以上、1年以上やり取りしてない連中です。

こんな奴らを自分の情報空間に残しておくから、

 

いわゆるひとつの

「コンフォートゾーン(≒「これが自分だと思い込んでいる幻想」)

から抜け出すことが出来なくなるんです。

 

それこそ「時間は未来から過去に向かって流れている。」

 

とか偉そうに言ってるくせに、

この断捨離してない奴とか、

もうホントに「口だけで言ってるオウムちゃん」そのもの。

 

まあ、いくら引き寄せても

スペースないから入ってこない。

 

これも以前良く言ってたけど、

日本人だけで1億2千万人いるんですよ。

 

もう「人間関係」なんて

何回でも交換できるポーカーゲームだと思ってください。

 

そしてあなたの人生っていうか

引き寄せ戦略ってのはね。

 

ワンペアで勝負するのか、

ロイヤルストレートフラッシュで勝負するのか?

 

っていうまず質問というか「何作っていきます?」

 

みたいな話になって、

「大衆」ってのは無難に5のワンペアごときで

身動き取れないみたいな人たちだって事ですよね。

 

どっちかっていうとツーペア揃っちゃって

身動き取れない人たちかもしれませんね。

 

まあそういう類の人達ですよ。

 

だけど、やはり狙うのであれば

ロイヤルストレートフラッシュ狙いますよね?

じゃあなんで狙わないの?

 

「自分には無理」って決めつけてるからです。

 

そして、

 

「そんなにカードって交換できないじゃん。」

 

って思い込んでいるからです。

 

だけど、カードがいくらでも交換できるとしたら、

ワンペアなんて狙いますか?

 

狙いませんよね?

 

っていうそういう事です。

 

この「人間関係ポーカー」(≒引き寄せの質向上ゲーム)

 

は、どれだけ回転率上げるっていうか、

カードの交換をしまくるかが

勝負どころのひとつです。

 

もたもたしちゃうと、

それこそ「人生(≒魂)」が交換の時期に来ちゃいますよー。

とかてきとーな事言ってみたりして。(ゝω・)テヘペロ

 

まず、そんな輪廻転生の世界観も

あるかないかも分からんので、

とりあえずは、現時点での人生で、

ロイヤルストレートフラッシュさせたくないですか?

 

させたいですよね。どうせだったら。

 

「別に」って方は、それこそ

こんなクソブログ読みに来ないで、

家で煎餅でも食いながら寝そべってミヤネ屋でも見ながら、

ケツでもボリボリ搔きむしりながら、

スマホでも覗いてりゃいいんじやねーかと思います。

 

まあ、綺麗ごとっていうか、

自分がしょっぱいことに対する

ただの言い訳ですよね。

 

ふつー、ゲームやる限りは最高点取りたいし、

最高の役を揃えたいですよ。

 

それをなんらかの理由で、「自分には無理」

「自分らしいのはこの役」とばかりに、

小さくまとまる。

 

それじゃチャンスも本城裕二もやってこないし、

夢だってwith youしてくれないって話ですね。

 

身体中の愛も、激しく何て流れないって話です。

 

それにね。何回交換してもいいなら、

誰だって揃うでしょ、最高の役。

 

だけど、みんな揃わないんじゃなくて、

揃えに行かない。

 

なぜか?

 

そんなに自由に

交換できないと

思い込んでいるから。

 

です。

 

それこそ、何度も言うし、残さず言いますよ。

 

交換は自由です。

1日に何回だってできます。

 

では、何故人は交換しないのか?

 

できないって思い込んでいるのと、

 

コンフォートゾーンとホメ男ちゃんに

やられてるっていうただそれだけです。

 

そういえば、これは別記事で書こうと思ってたけど、

マライアキャリーの記事のコメントで

「引き寄せおばはんはセルフプロデュースじゃないんじゃないの?」

 

っていうコメントをくれた方がいまして、

たしかにそうかもしれないけれど、

 

「ただのおばはん」っていうカードは

捨てることが出来たと思うんですよね。

 

で、今度は「欲」ってカードを

ニギシメちまって、

霊感商法という役を揃えに

行かれてしまいましたけど、、、汗

 

で、そもそもロイヤルストレートフラッシュなんて大変な事で、

まずはフラッシュとかストレートとかでいいんですよ。

 

やっぱり人はスリーカードとか狙いたがって、

ストレートだったりフラッシュまで手を伸ばさない。

 

なので、断捨離すべきは

「スリーカード」止まりみたいな手

 

だって事ですね。

 

たしかにフルハウスまで伸びれば強いですよ。

だけど、それもストレートフラッシュには勝てません。

 

フォーカードも一緒。

 

やはり、大きな手を揃えるには、

それなりのリスク(≒冒険)は必要ですけど、

 

それほど恐れずに、

カード捨てまくって、交換しまくれば、

そんなに時間かからずに、

揃っていくと思うんですけどね。

 

だけど、話し戻して現実っていうか

日常に照らし合わせると、

その「カードの交換」を

「大衆」というタイプの人達は、

 

10年に1回するかしないか。

 

ってお話なんですね。

 

ガキのころは結構交換しまくってたのに、

大人になるとほぼそういう事が起こらない。

 

10年、20年ほとんど変わらない。

 

だから、そういう人にとっては、

親が死んだりするときあたりに、

強制的にカード交換とかが起こったりして、

 

なんか人生が動いたりなんかする。

それによって気づいたりする人なんかも出る。

 

たしかにご本人が、

この「人間関係ポーカーゲーム」の原理っていうか

仕組みっていうかルールに気付かない限りは、

 

まあ、ずーっと同じパターンの人生が

へばりついてますよ。

だけど、だって人間ですから、

肉体は今んところどんなに頑張っても

朽ちていく訳ですから、

 

それで人生のGameoverをお迎えして、

まあ、輪廻転生システムあれば、

「はい、もう一回同じ課題やってきて」

 

って閻魔大王様にでも言われて、

またずっと気づくまで、

その繰り返し。的なね。

 

で、そんなシステムなければ、

あなたの人生は、どこにでもありそうな平凡で、

ノーチャレンジのとてつもなく質の低い生命でしたー。

 

みたいな事になって終わり。

 

別に「金持ち=質が高い」みたいな

どっかの京大中退して金を神さまと何かと間違ってる

キチガイのような事言ってる訳ではないです。

 

人生の質(バージョン)

 

の話をわたくしているってこと。

 

あなたの人生には、

 

・ワンペアバージョンのあなたの人生

 

 

・ロイヤルストレートフラッシュバージョンのあなたの人生

 

があるって事ね。

もちろんこれはわたくしの唱える説ですけどね。

 

その中の

 

どのバージョンの人生をあなたは選択しますか?

 

って事なんじゃねーのか?

 

ってのがわたくしの人生論のひとつで御座います。

で、その「どのバージョン」と「周波数」ってのが

関係してると思っています。

 

「ワンペア的人生の周波数」と

「ロイヤルストレートフラッシュ的人生の周波数」

 

では、同じ人間でも、

引き寄せるものが違ってくるでしょ?

 

このあたりはちょっとは

イメージ共有できますかね?

 

変な不良と付き合えば、

そういう周波数の人生が待ってるし、

 

冒険家たちと付き合えば、

そういう周波数の人生が待ってる。

 

同じ人間でもそういう事ですよね。

 

だから「人間関係ポーカーゲーム」的なものだと思ってるんですね。

もちろんこの仮説をわたくしは、

意識的に検証しています。

 

だから具体的な引き寄せ術のひとつとして、

 

「携帯電話のアドレス帳から人を消していけ」

 

ってのがあるんです。

ちなみにわたくし一度携帯電話自体を解約したら、

とんでもなくめんどくさいことが起こりました。(笑)

 

ちなみに「この人に連絡したいのにできないー。」

なんて事は一度たりとも思ったことはありません。

 

そうじゃないんです。ただ、

わたくし携帯電話が嫌いなだけなのに、

 

「理由があって携帯電話持てない人」

 

みたいな見られ方をされまして、

家とか借りれなくなったっていう。。。

 

なので、今しぶしぶ携帯電話持ってますが、

嫌いだし、使いたくないしで、

ほとんど使ってません。。。

 

なんか今携帯電話の番号が

身分証明みたいになってる事に、

そん時気づくっていう。

もう今は損得で持ってるだけっていう。。。

 

まあ、

 

・当たり障りのない

 

・きれいごと

 

これらわたくし「人生の汚れ」「人生のゴミ」と呼んでいますが、

これを徹底的に排除して、

自分の情報空間をピッカピカにすれば、

誰でも「人生のロイヤルストレートフラッシュ」には

近づいていくと思います。

 

少なくとも、今日も3年後も10年後も30年後も

同じみたいな人生には

なっていない事でしょう。

 

まあ、付け加えちゃうと

まったく変わらない人たちが、

何にすがるかっていうと「子ども」ですよね。

 

だって自分はまったく変わらなくても、

子どもは性質上育って

大きくなっていくでしょ?

 

それによって「人生動いている」っていう

錯覚を得たいんですね。

 

別に子ども作ること、

育てることを否定も批判もしていません。

 

 「それだけに甘んじている大衆的人生を選択した人たち」をDisってるだけです。

 

だって、ドラゴンボール孫悟空って

どう見ても違いますよね?子どもいるけど。

 

「オラはロイヤルストレートフラッシュ的人生のその先のその先を行く。。。」

 

とか訳のわかんねー事言いそうですよね?

そして実現させちゃいそうですよね。

 

ロイヤルストレートフラッシュGod

 

的な訳の分からない事やりはじめたりして。

 

実際は、それなんですよね。

それが、多次元構造であって、

それが、アセンション的生き方なんですけどね。

 

ワンペア的人生の人間が、

アセンションとか言って、

そもそもお前の人生が100点満点中5点みたいな人生なのに、

 

アセンションしてどーすんだ?

 

っていうね。

 

まあ、いいや。

とりあえずこの記事読んで、

 

「あ、そうか、交換しまくりゃいいんだ。。。」

 

「あ、そうか、いらねーカードとりあえず捨てりゃいいんだ。。。」

 

って気づいちゃった人は、

ぜひ、やってみてください。

 

変な霊感商法よりも、

56億倍ぐらいいろいろな意味で、

コスパ高いと思います。

 

って事で、

 

何気に終盤ノれたので、

6000文字も書いちまいました。(ゝω・)テヘペロ

 

って事で、

 

ばいちゃ♪ 

 

 P.S.「異異世界」といえば、

4月2日『あの!』異異世界に潜入するNAZOツアーを開催します。

 

我々悪ノリ軍団と一緒に遊びに行きたい人は、ぜひ。

(もちろん、個人で行っても楽しめると思います!)