読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊視酒って何?

霊視酒の嗜み方(笑)シリーズ 対話で遊ぶ

[霊視酒の嗜み方(笑)シリーズ]霊視酒って何?

 

もうアメブロじゃないから、
好きな事書こ。(笑)

 

さすがにここまで追いかけてくる

依存体質はいないでしょう。
いても1人とか2人。


アメブロで書かなかったこと書こ。
アホ共にこういうこと書いても、
対話の相手にもなりゃしないので、

 

他愛ねぇことしか書かんかったので、
とんでもねーほどガチでラリった内容でも
書いていこうかなと。


[霊視酒の嗜み方(笑)シリーズ]霊視酒って何?

 

唐突ですが、飲めるのですが、
わたくしあまり酒を飲みません。

 

これ、霊能力者達でも
賛否両論あるでしょうけど、

酒やドラッグ的なモノを推奨?

している霊能力者もいれば、

 

それらの類はゲロ否定している霊能力者もいて、

 

わたくしはどちらかというと、

「実際は酒なんてもんは死ぬまで飲まない方が、本来は良い。」

 

って考えなのですが、

ふつーに飲んじゃってます。

ただ、毎日は飲まないですね。

 

誰かと飯食う時とか、飲み会とか。


ミスターストイックこと、

天音御大はそのあたりやはりストイックで、
かなり酒は飲みません。ほぼ飲んでないに近い。

 


ここは、素晴らしいなと思うのは、
翌日、施術の依頼がある日は
前日絶対に酒を飲まないという
精神というかなんというか。

 

パフォーマンスが確実に下がるからだそうで、
まあそりゃそうですよね。

 

2日酔いで誰かと向き合う仕事とかしてて
「自分は1流だ。」ってのもね。

 

ただ、実力があろうがなかろうが、
「口ではそういう偉そうなことはいくらでも言える。」

のであって、

 

実際に「体現」しているかどうかは
別物だって事ですね。

 

ここに目の前にいる対象が
(ヒトであろうが、モノであろうが、コトであろうが)


本物か偽物かを

見分けるっていうか

 

見極める

には、何が必要なのかっていう。

 

「本物を見極める目っていうかなんていうか」

 

ここを鍛えないと、

人生一向に変わらないわなっていう、
よくありがちの罠が

あるんかなーって

気がしておりまして、


まあ「気がしておりまして」ってのは
随分と遠回しに言っちゃったなって感じですけど、

実際はね、

そういう事です。

 

例えば「スピリチュアル」関係の事

書いてあるブログあるでしょ?

 

あなたは、

どのブログがレベル高くて、

どのレベルがレベル低いか

分かりますか?


「好きか嫌いか」

ではないのですよ。


どのブログがレベル高くて、

どのレベルがレベル低いか


って事ね。


レベルが高いからって

嫌いなものもあるだろうし、

レベルが低いからっていって
好きなモノだって存在しますから、


そこがイコールになる必要はないですよ。


だけど、

「どれがレベル高くて、どれがレベル低いか」

つまり


見極め方


ってものをしっかり身につけていないから、
変な低級霊的人物、低級霊的コンテンツ
にヤラレちゃう訳ですから。

もう大事なのは、


見極め力


だって事なのかなと。

で、今回の記事のタイトル。


[霊視酒の嗜み方(笑)シリーズ]霊視酒って何?


へと繋がるのですが、

やはり「本物と偽物を見極める」には、


自分の五感を

そのままいつも通り使うよりも、
「霊視モード」で見た方が見極めやすいし、

 

実際、「本物か偽物かを見極める力」って、

 

その霊視的モノの見方で見ないと、
見えてこないと思うんですよね。

 

実際は、本物達ってこの「霊指的モノの見方」を、
先天的であるか
後天的であるかまでは分かりませんが、

 

どこかで身につけています。

 

別に誰に教わる訳でもなく。

「ゾーンに入る」っていう

またこの言葉に逃げてしまいがちですが、

「ゾーンに入って世界を見る」

みたいなモードがあって、
漫画のNARUTOで言えば

 

「白眼」っていうか
そんな能力があった気がしますが
アレに近いかもしれません。

で、


[霊視酒の嗜み方(笑)シリーズ]霊視酒って何?

 

正直、酒はそれほどでも

ないかもしれんけど、
やっちゃいけない

ドラッグ系なんてのは

 

「見えないものが見える」系

 

でしょ?おそらく。

やったことないから分からんけど。

要はさ、何が言いたいかっていうと、

 

霊能力身につけたら、
酒なんて本来必要ないし、

酒以上に酔っぱらえるのが
霊能力なんだけどね。

 

って事なんだけどね。

まあここ分からない人は、
まだまだって事です。

 

まあ、外側の飲み物を飲むと、
酔っぱらうっていうあの感覚を
楽しむってのならばそれはそれで楽しめば?

別にいちいち酒はいらねーかなっていう。


脳のコスパ著しく下がるしね。


というか、本来は常に霊視モードで
世界を見て生きたらどうなるのだろうか?

 

なんて今ふと降りてきてしまいました。

 

わたくしまだまだ人間臭さっていうか
「自分に対する甘さ」が残っていて、

たまに見極めを

間違えることがありまして、

 

特にここ最近はひどく、
もうちょっと広げてもここ2年ぐらいは
結構ミスりまくりまクリスティでした。


もちろんあるんです。

見極めをミスった原因が。

大きな要因であれば2つですが、

一言で言えば、


自分の弱さ


ですね。


そして「どこが自分の弱点」

なのかも分かっている。

 

そして人間の例の自動機能よろしく、
結局そこから目を背け続け、

臭いものに蓋をし続ける。


まあそれが
あのアメブロのアタルだって事なのでしょう。

 

そもそも「アメブロやる」って事自体、

見極めを間違った気がします。


そう考えると、「でぶじ」ってのが
自分の見極めミスり人生の
出発点だったのかもしれませんね。

あのあたりが、宇宙社長の仕掛けた

 

「低級霊の甘美なる罠」

だったのかもしれません。

 

もちろん1つの見方ではありますが。


あのあたりで、
すげー断捨離し始めたもんな。

 

そのあたりまでの

人間関係のほとんども断捨離したし、
やってる事もかなり断捨離した。

 

で、結局は行ってきたものたちのほとんどは、
断捨離する前のもの以下のモノだったり

人だったり事だったり。

 

今思えばですが。

だけど、もちろん「パターン変えろ」のアタルですから、

 

「嗚呼、こういうことをすると低級霊なんだな。」

「嗚呼、こういう奴らは低級霊だったか。」

と学びます。

 

そして、再度パターンを変えたのが、


・ばらまき祭り

アメブロ辞める

・低級霊寄せ集め期間に出会った人間達の一掃

 

っていうこの3つ。


結局言い方変えれば、


依存ちゃんさようなら。

ってお話ですね。


これは自分の内側も
自分の外側もそうだって事です。

 

「依存ちゃん」と揶揄してますが、
結局は依存ちゃんというカナブンを寄せ集める
電灯ちゃんがわたくしだった訳ですから、

これからは「自立ちゃん」だけを集める
電灯ちゃんにならないとということで、


今再度パターン変えて、
この仮説を検証中だって事ですね。

ただ、もう

 

「依存ちゃん引き寄せちゃう病」

 

については、ここ2年の話ではなく、
もっと大きく見てみれば、
ある種40年の呪いと言っても
それほど間違ってない味方なので、

 

ようやく40になって、
そこチャレンジするかって
話なのかもしれません。

 

まあ、なぜこの呪いにかかっているのかというと、

 

自分の両親が、

依存ちゃんと依存ちゃんの相手するのが大好き

っていう共依存両親だったからです。

 

特に、母親の、


依存ちゃん大好きぶりは、まさに病的。


これが何を意味するか。
ミラーニューロンなんてものが本当にあるならば、

わたくしは、


依存ちゃんを引き寄せるトウカイテイオーだ。

 

って事です。

 

サラブレッド」通り越して、
もう血筋的にも、ヤベーって事です。


まあ、アシュラ師匠なんてのと出会えたことで、
ようやく

「もう依存ちゃんの相手はこれで終わりにしよう。」

って思えたのかもしれません。

 

彼は依存ちゃんの事をよくDisるくせに、

 

自分自身が依存ちゃんだけではなく、
相当の「かまってちゃん」でもあるっていう

ダブル役満みたいな人間なので、

 

あれだけキョーレツな人物の磁場を浴びることによって、
ようやく、

「もう依存ちゃん大好きっていう
 このサラブレッド的磁場と決別しよう。」

気持ちが今まで踏み込めなかった領域まで
踏み込めたのかもしれません。

 

と言いたいところですが、

 

実は、それでも抜け出せなかったんですね。。。

 

そりゃそうですよ。

 

わたくし、

共依存トウカイテイオー」なんですから。

共依存シンボリルドルフ」のDNA、

そしてその背中を浴びまくって
人間形成されてしまったのですから。


「もう依存ちゃん、かまってちゃんとは決別だ。」

 

って決めてからの

低級霊たちからの誘いっぷり。

 

それが2016年10月~12月あたりですね。

まあ、「最後の膿出し」とも言える訳ですが。

 

だって、今新しいものを

生み出しているって感じがしていますし、

それこそ、この40年間にないパターンを、
踏み出している感じもしていますので。

って事で、

 

あまり霊視酒について語らなかったな。

それこそ何者かに書かされた記事って事で。

 

神さまーーーー。