読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガチで参加者募集<ブログラップバトル選手権>

アタル式リアルGIFT

ガチで参加者募集<ブログラップバトル選手権>

 

ううう。よく考えてみても見なくても、

オリジナルっぽいブログ記事をここ最近書いていない。

 

書いたと言えば書いたけど、

例の、

gachispilab.hatenablog.com

 

この記事でしょ。最近わたくしのブログの

アクセスのほとんどはこの記事ばっか、マザファ〇カ。

 

って感じで、そんなにこれアクセスあるなら、

もうこのブログラップのMCバトルについて、

熱く語るブログにしちまおうかななんて思ってきたりもする。

 

それこそ、この記事書いてたら以前の、
MC GADORO と Mr.QのMCバトルも同様に

書きたくなっている自分がいることに気づく。

 

そして、オリジナルのブログ記事が

書けなくなったことに傷ついてみたもする。

 

さて、そんな中、

 

ガチで参加者募集<ブログラップバトル選手権>

 

を開催するという暴挙に出てみた。

 

それこそ、本を書く以外に今何もできなくなってしまい、

やらなくちゃいけないのに、やりたくない事を消去する作戦に出てみた。

 

やっぱり人生消極的になってはいけないなのと、

あくまでも積極的にいこうということで、

この、

 

ガチで参加者募集<ブログラップバトル選手権>

 

書いてみた。

 

正直普通のラップとは性質が違う。

ビートも流れていなければ、

即興で言葉を吐く必要もない。

 

お題を決めてというか先攻の人間が何かを語る。

 

1000文字ぐらいがちょうど良いのではなかろうか。

そしたら、後攻の者がそれに対して1000文字ぐらいでアンサーする。

 

そしたら、次のラウンドでは先攻と後攻を入れ替える。

 

2本やった時点で勝敗を決める。

 

Disり合いについては、そんなに重要な部分ではなく、

内容をDisる事は歓迎するが、

相手の人格その他、人間的な部分をDisるのは禁止。

とにかく、Disるのは内容そのもの。

 

そして、ライミングパンチラインの威力を競う。

 

こんな感じだ。

 

正直、参加者がわたくし以外に3名も出てくれれば御の字である。

昔の日本語ラップ界だってはじめは少人数で始まったはずだ。

 

そこからここまで大きくなったような気がする。

 

だから、大事な事はどんなに小規模であったとしても

ショボかったとしても、はじめてみることだ。

 

はじめないことには何も起こらないし、

誰にも怒られることもない。

 

っていうことで、

 

てきとーにこれ募集してますので、

参加してくれる方は、ぜひお声がけくださいませー。

自重トレーニングで自重したい。何かを。

対話で遊ぶ

自重トレーニングで自重したい。何かを。

 

Doモ。本の執筆に浜離宮まQってしまって、

こっちのブログ書きがガンガンなくなってきてて、

メルマガも4,5通書かなくちゃいけないの書かず、

一回だけ書いてみたのがセーブ忘れて消えたことにより、

 

もうグレイブディガーもビックリな感じで、

ほとんどの仕事をストライキ中で御座います。

 

まあ、新しいチャレンジが心の琴線に

どストライクしちまったんだからしょうがない。

 

その某本ですが、3章にしてあって、

ようやく1章を書き終えました。

後は、誤字脱字とか直せばまあ1章については完成。

 

ぶっちゃけ1章の内容は、あんまり書いてても

面白くない部分なので、

もう散々これまでもブログやらメルマガやら、

その他でも言い続けてきた事だからただまとめたのと、

執筆慣れさせてただけなので、まあ苦痛っちゃ苦痛でございました。

 

だけど、大分慣れてきて、

執筆のスピードも上がってまいりました。

 

2章が書き終わるころには、

この本結構なクオリティの内容の

本になっている事でしょう。

 

現時点でも、こういう内容の書かれた本って、

自分では見たことがないので、

これはかなりおもろいなと思っております。

 

しかも、わたくしすくなくとも、

今回書いたこの本で商売しようという気がありません。

とにかく適当にばら撒いてみようかなと。

 

それで、どういう人たちと

つながるのかを楽しんでみようかなと。

 

それに、子どもたち向けの

フリースクールを開校するにしても

「どんなこと教えるのよ?」っていう

ここについての説明がめんどうだったので、

 

本あるから読んでみて。

 

で済む問題になりますし。

 

ふつーにその本を

フリースクールの教科書として

使う予定で御座います。

 

さて。この記事のタイトルは、

 

自重トレーニングで自重したい。何かを。

 

でしたね。

 

最近、ではなく結構前から、

天音御大からも運動っていうかトレーニングを勧められておりまして、

ずっと断り続けてまいりましたが、

 

やっぱり大規模な断捨離、新たなチャレンジを開始すると、

人生が動くのだから、

 

自然と体も動かしたくなります。

それが通常の感覚というものですね。

 

なので、体動かしたいなと久しぶりに

自分の意思で思ってきましたけど、

 

今日たまたまこんなブログに出会いました。

 

www.freiheit.co

 

サムネのムチムチしたおねーちゃんの

トレーニング姿に釣られた感は否めませんが、

 

自重トレーニングってなんか、ええやん。

 

っていう紳助兄やん的思いももちろんありまして、

拝見させていただきました。

 

個人的に器具使ったトレーニングあんま好きになれなくて、

自重トレーニングってなんかええやん。って気がしてしまうので、

 

参考にして家庭教師のトライしてみようかなと思います。

 

もちろん、こちらのブログ、

このサムネのムチムチおねーちゃんが、

1つ1つのトレーニングを

紹介している動画とかないです。。。

 

ほとんど男ですし、かなりいかつい感じのそれこそ、

薔薇族感すら香る感じの人達が、

各トレーニングを紹介してくれます。

 

別に後悔はしていません。

上手にまとめて公開してくれていること自体に

感謝しております。

 

まあ、いっつも言ってるけど

「分かる」の領域で満足するブタにならず、

「できる」の領域にチャレンジしてこそ、人だってことで、

今回はなんとなく続けられたらいいなって事で。

普通に見てていろいろと対話が起きるブログ[歴史の変遷]

対話で遊ぶ

普通に見てていろいろと対話が起きるブログ[歴史の変遷]

 

フリースタイルダンジョンの般若VSNAIKA MCにヤラレて、

夜中までいろいろとラップ動画見まくってしまいました。。。

 

一番ハマったのはFORK & ICEBAHNです。

っていうかFORKなんですけど。

 

昔の日本語ラップっていうかMCバトルって、

それこそオヤジギャグに毛が生えた程度のが多いのですが、

このFORKというラッパーは昔のMCバトルを見ても、

 

今の時代のラッパー達と戦えるだけの

スキルがあるように思えるし、

さらに、今の時代でも、つふーにトップレベルに

君臨できる実力に感動するというか。

 

FORKのラップを見ていると、たしかになんだか今の時代のラップって、

早口みたいのと、なんか流行りのお決まりフローでごまかしてる的な。

 

お笑いで言うと、ダウンタウンを起源とすると、

ダウンタウン以前とダウンタウン以降に分類されて、

もはや、今のお笑いって、その「ダウンタウン型」を

どう着色するかでしかないみたいな。

 

あれに似ているっちゃ似ている気がします。

って考えると、もっと何かのスキルに突出した

尖がったstyleのラッパーが出てきたら、

見てておもろいなって気はしますが、

 

やっぱりHIP HOPの本質ってなんていうか

「悪さ」「泥臭さ」みたいなものはある気がして、

なんていうかよくラッパー達の言うところの、

 

リアル

 

ってやつでしょうか。

 

その"リアル"という土台の上に乗っかる

上物がどういうものなのか、

それがこれまでの時代を上回るものなのか?

 

その対話というか弁証法が起こるから

おもろいのかなと。

 

と、結局ラップに引きずられておりますが、

 

今回は、

 

普通に見てていろいろと対話が起きるブログ[歴史の変遷]

 

ということで、わたくしはてなブログの記事書く時

Yahoo!に「はてなブログ」って

入力して検索してから

はてなブログに入場するので、

 

「話題のブログ記事」みたいのが

出てくるので、

それでおもろそうなのを

見たりしております。

 

今回、「これはおもろい、見ていて飽きない。」

 

と思ったのがこちらのブログで御座います。

 

reki.hatenablog.com

 

というコチラ。

 

最近、わたくし本を執筆しているのですが、

何の本かというとNAZOの本です。(笑)

 

その中に多少「歴史」について言及しているのですが、

コチラの世界の変遷みたいなところとも多少関わりがあったので、

いろんな地域の国の勢力の変遷を年代と共に

見ることが出来て面白かったです。

 

個人的に一番、気になったのは、

モンゴル帝国が中国を飲み込んだ後、

どうなったのか調べてみたくなりましたね。

 

一回のみ込んだんだから、

今の中国の土地はモンゴルという

国でもおかしくはないのに、

 

何故、中国になったのだろうか。

的な事が気になります。

 

また、ヨーロッパって

なんでどこも統一しなかったのだろうか。

ってのも気になります。

 

よく、陸続きなのに、

お行儀よくああいう形でおさまったな。

 

ってのが気になりますね。

 

なんかあるんでしょうね。どの地域においても

「このくらいの大きさでなんか落ち着く」

 

っていう原因が。

 

そのあたりは、歴史を丁寧に見ていかないと、

実際には何故、それらの国は

それらの大きさになっているかは

NAZOではありますね。

 

という事で、

あまりこういうのを見ない方であればあるほど、

脳内の使われていない番地が

使われる可能性が高そうで、

おススメだと思いますけどね。

 

変な精神世界ばっか見てないで、

実際の世界の歴史も、

大人になってから、

じっくり味わってみるってのも、

なかなか良いものですよ。

 

って事でこの記事はこんな感じで。

フリースタイルダンジョン 般若 vs NAIKA MC [人生ブッ込み系対決]との対話

脳内グランブルー

フリースタイルダンジョン 

般若 vs NAIKA MC [人生ブッ込み系対決]との対話

 

今週3連休だから曜日感覚がズレる。機能が歌謡だった事を知り、

左様ですか?とばかりに、脳内の何らかの物質が作用して

Youtubeに入った模様。

 

ウェイヨーとばかりに始まるいつも通りのフリースタイルダンジョン

だけど、今回は違う。久しぶりにラスボス般若だ登場するんだYo。

 

NAIKAが般若食ってそれこそ斜陽が差して容赦なく

新し時代の幕が開けるのか?

 

それとも、盤石の強さで般若が癇癪も起こさず、

Hiphopに感謝するのか?オーディエンスを交え交錯する三者の想い、

否、テレビ局の想いも入れれば、四者なのか。

 

そろそろ講釈をたれずにこの両者の

battleをふんだんに味わってまいりましょう。

 

NAIKAMCの男節。うなるNAIKAの音拳。

韻を踏まずに自らの言霊で鼓舞し続ける

NAIKAスタイルのコンテクストからブレずに、

般若相手に先攻を専行。オーディエンスの脳内から

アドレナリンがはじけ散て閃光して、騒めく会場。

 

初戦、SN-Zが流した曲は日本語RAPのお約束曲。

 

B-BOYイズム

~RHYMESTER~

 

NAIKA MC 1バース目

 

決して譲れないぜ この美学

俺もやられたぜ B-BOYの文学

 

アンタがここのラスボスだろ

今日で看板はおろさせてやるぜ

 

やられてんだよ アンタに 未だにど真ん中

けど今日はぶっ倒すぜ

 

般若倒して ここを完全に淘汰

 

 

般若 1バース目

 

お前にとっての真ん中

目の前にいるのがそう般若だ

 

246と環七 超えてきたぜ

ここ今 新木場ageHa

 

ようNAIKA お前の地元は確か群馬

 

この文化 アメリカのもんだけど

トランプ以上に ここは俺の城だ

 

 

NAIKA MC 2バース目

 

トランプ 関係なくね?246抜けて ここに来た?

知らねぇよ そんな事

 

俺はすべてのB-BOY ブッ倒して ここに来た

 

あとはアンタだけだ

アンタがいなくなりゃ 俺らの天下だ

 

全てどかしてやるぞ

般若 殺すで Mother [コンプラ]

 

 

般若 2バース目

 

決して譲れないぜ この美学

は?譲れないよ このリアル

 

所詮 RHYMESTERのサンプリング

オリジナルじゃねぇ

 

声がデカイだけ つーかよ 崇勲 出せ

 

お前じゃ 役不足

変えて来いよ 田舎モン 付録

 

 

NAIKA MC 3バース目

 

田舎モンが魅せられる現場

いい時代になった 般若 超える番

 

崇勲はいないんだよ

今 俺だよ アンタこそブレんじゃねぇよ

 

ブレずにやる SHINGO☆西成

それの方がヤバくない?

 

般若よりNAIKA MC

時代は変わったぜ Boom Boom Boom

 

 

般若 3バース目

 

Pow Pow Powじゃねぇ

 

西成より いきなり俺の番だ そこ分かってるか?

 

代打のバッター ぶっ殺してよ

隠れモンスターよりもオリジナル

 

俺がボスだけど本当の意味でのチャレンジャー

そこをなめんなー

 

俺はお前を超えていく

ありがとうな NAIKAくん

 

[judgeの結果]

いとうせいこう 般若

HIDADDY 般若

LiLy 般若

ERONE NAIKA MC

KEN THE 390 NAIKA MC

 

2-3で 般若Win

 

第2ラウンドのビートは

 

拍手喝采

DABO

 

NAIKA MC 1バース目

 ブレたくねぇしよ

アンタの後攻なんか取ったって

みっともねぇ奴で終わるだけだよな

 

俺は俺のスタンスを通しに来た

般若 ラスボス 最高の目してるじゃねぇか

 

そのイカしたBodyの心の真ん中を掴んで

グラグラに揺らしてやっからよ

 

NAIKA MCアンタの眼前に今来た

俺にも負けられない戦いがここにあるんだよ

 

 

般若 1バース目

 

まあ 夢みたいな話だ

 

俺が逆の立場だったらリタイアして

半端な金 持って帰るだけ

 

田舎モンとか都会とか 

そんなんじゃねぇ戦いが 今あるぜ

 

見てみろよ 客もお前の味方

だけど これからが俺の技

 

 

NAIKA MC 2バース目

 

 別に客の味方なんていらねぇんだよ

Hip Hopが今 俺の味方をしてくれていると思ってる

 

心のど真ん中はここにあるんだよ

 

他の挑戦者と比べんな 俺がオリジナル

 

NAIKA MC おっさんの夢を叶える

アンタが一番おっさんの夢 叶えてる

 

最高さ 般若

認めたうえでアンタを超えていくのは 今しかねぇな

 

 

般若 2バース目

 

 

おっさんの夢 は?バカじゃねぇの

お前もガキいんだろ

俺は自分のガキに夢 見させてんだよ

勘違いすんじゃねぇ おっさんだけじゃねぇ

ジジイババアから 今から生まれてくる子どもの分まで

そこら辺の違い だけど お前の気合 そこは分かった

これがこの試合 殺し合い

いや 掛け合い いや 生き甲斐

お前は最高の[コンプラ]

 

 

NAIKA MC 3バース目

 

最高の誉め言葉 アンタにそう言われたかった

ギドラにBUDDHAに般若にMC漢に

狂ったのはアンタらのせいだ

責任取ってもらうぜ

 

今この瞬間しかねぇ ここ王道

崇勲とTKda黒ぶちを引き連れても

どうしてもやりてぇ勝負がある

どうしても勝ちてぇ相手がいるんだよ

 

 

般若 3バース目

 

お前の熱い気持ちはもっと音源とliveとしっかり注いどけ

それが出来ねぇんだったら ここをどけ ボケ

所詮はフリースタイルだけだろ

 

違うって言うんだったら1年 いや1年以内に

しっかりとした 作れアルバム

 

だったら 分からねぇようだったら まだカス

そして 俺はまた時代を動かす

 

 

[judgeの結果]

いとうせいこう NAIKA MC

HIDADDY 般若

LiLy 般若

ERONE NAIKA MC

KEN THE 390 NAIKA MC

 

3-2で NAIKA MC Win

 

最終 第3ラウンドのビートは

 

ビートは、

 

Welcome To The Dungeon

SKY-HI

 

NAIKA MC 1バース目

 

いよいよ来たな

これが本当の天下分け目の大戦

今日でMCやフリースタイルダンジョン

全てにおいて激震が起こるぜ 覚えときな

 

NAIKA MC 自己紹介させてもらう

確かにアルバムもliveも少ねぇかもしれねぇ

でも 大丈夫だよ

皆R-指定じゃねぇが未来予想図

俺も今年はそこ攻めてくぜ

  

 般若 1バース目

いや悪りぃな ライブと音源

それが全然大事って事も

まだ分かってねぇ それが根底

このフリースタイル おまけだけど

お前の試合は今までで

一番楽しいぜ

 

SN-Z お前も最高のDJ

こんな音 こんなお客さん 

こんな言葉で俺たちが一番盛り上がる

 

な?分かってんだろ

だから 俺ももっと成り上がる

 

 NAIKA MC 2バース目

 

アンタ これ以上 成り上がったら邪魔なんだよ

アンタ超えて 矢沢栄吉になるのは俺の方だ

 

成り上がりを見せてやる

田舎だろうが なんだろうが

般若倒した奴にある正義があるぜ

 

じょうでも無理だった 崇勲でも無理だった

焚く巻きでも無理だった 

全員無理だよ 無理ゲーだよ クリア出来ねぇよ

 

おっと 横にずれたところで

NAIKA MCが取った

  

般若 2バース目

 

OK 永ちゃんじゃねぇよ

俺に勝てるのは長渕剛ぐれぇだ

だったら 兄貴連れてこいこの野郎

テメェら さっきからボケた事 言ってんじゃねぇぞ

来いよ おととい これは喧嘩だ 殺し合いだ

 

デンジャラスなやり方 まるで輪入道

いやいや アイツ 俺よりアイツの方が結果

もっとステップアップ もっとHIP HOP

 

俺たちが行く この日本を変えてく 島国の様

 

NAIKA MC 3バース目

 

そうだなぁ 島国の小さな島だなぁ

この島の中で育ったHIP HOPは アンタ達だよ

 

あそこにいる奴とあそこにいる奴と

全員で創り上げたHIP HOPは確かにある

 

だがなぁ いつまで経っても般若超えられねぇようなら

俺ら世代はそこまでだ

 

だったら音源でもフリースタイルでもなんでもいい

今 この現場で勝ってやるぜ

金字塔を打ち立てる

  

般若 3バース目

 

仲間なんか一人だっていなくても

俺は死んでもラップをする骸骨になっても

 

敗北を教えてくれ 俺は勝利なんかいらねぇ

今 ここで生きている その実感だけがありゃいい

 

俺のフリースタイルはそんなもんだ

これが日本人の誇り

この気持ち 何が気持ちいい?

 

お前と感じ合って削りあってる この命

 

 [judgeの結果]

いとうせいこう 般若

HIDADDY 般若

LiLy 般若

ERONE 般若

KEN THE 390 般若

 

クリティカルヒットで 般若 Win

 

ということで、勝者般若

 

何回も見てしもうた。このbattleも良かったけど、

このパンチラインフェチズの

他のbattleもとても良かった。

メンバーが

NAIKA MC 崇勲 TK da黒ぶち

 

というメンバーの1人1人の戦力と

バランスが良かったというか。

 

この般若 VS NAIKA MCを見た後、

もう1度他のパンチラインフェチズの

battleを見直した。

 

で、「すげーな」って思ったのは

パンチラインフェチズよりも、

FORKのラップ。

 

こういう人、今のMCの中にいない気がする。。

 

なぜ、こんなに韻を踏みつつ、

おもしろおかしくラップできる人って凄い。

FORKのMCbattleが2017年に見れること自体が

お宝battleのような気がしてならない。

 

そして、TK da 黒ぶち と R指定

あのガンの飛ばし合いは癖になる。

 

そしてもう一度 般若 VS NAIKA MC見てみた。

 

たしかに、NAIKA MCのスタイルは尖っている。個人的にも好き。

だけど、FORKがbattleでラップしていた内容通り、

このNAIKA MCスタイルが新時代を築いた時点で、

フリースタイルバトルのスタイルはガラリと変わる気がする。

 

フリースタイルダンジョンを見ている者として、

やっぱり「誰が般若を倒すのか?」

「ラスボス般若が倒されるその瞬間」を見たい。

という気持ちはあることでしょう。

 

やっぱり、ラストバトルの3バース目の般若

 

仲間なんか一人だっていなくても

俺は死んでもラップをする骸骨になっても

 

敗北を教えてくれ 俺は勝利なんかいらねぇ

今 ここで生きている その実感だけがありゃいい

 

俺のフリースタイルはそんなもんだ

これが日本人の誇り

この気持ち 何が気持ちいい?

 

お前と感じ合って削りあってる この

 

やっぱり韻を踏みつつ、パンチラインをかます。

バイブスの高さ、パンチラインの破壊力に関しては

NAIKA MCは凄い。

 

だけど、「韻を踏む」「ライミング」という

コンテクストを捨てて、

拳をぶん回すスタイルは、それこそ格闘界ので言えば、

剛腕一発でかます、レイ・セフォースタイルみたいなものだろうか。

 

やっぱり、立ち技もよし、寝技も良しという

総合格闘家としてのbattleMCとしての力は、

「ラスボス」という場のイニシアチブを抜いても、

般若の方に分があった気がする。

 

やはり、即興でパンチラインをかましつつも、韻を踏みに行く。

というこの脳に負荷の高い要求にいかに応えるか?

 

FORKが伝えた HIP HOPマナー。

このマナーを無視した人間に勝負の女神が微笑むのか?

正直、NAIKA MCが韻を踏めて

これだけの破壊力のあるパンチラインをかましたら、

 

日本語ラップ勢力図は、NAIKA MCが

ひっくり返したのではないだろうか。

 

そして、般若がバトル中にぶつけてきた、

 

俺がボスだけど本当の意味でのチャレンジャー

そこをなめんなー

 

俺はお前を超えていく

ありがとうな NAIKAくん

 

デンジャラスなやり方 まるで輪入道

いやいや アイツ 俺よりアイツの方が結果

もっとステップアップ もっとHIP HOP

 

敗北を教えてくれ 俺は勝利なんかいらねぇ

今 ここで生きている その実感だけがありゃいい

 

俺のフリースタイルはそんなもんだ

これが日本人の誇り

この気持ち 何が気持ちいい?

 

お前と感じ合って削りあってる この命

 

 ここに般若イズムが滲み出ている気がする。

もちろん、NAIKA MCはチャレンジャーなので、

それこそ、王座から引きずりおろす

精神でぶつかるのは良いのかもしれないけど、

 

このbattleを何度も見て、

ひとつこのコンテクストで考えてみると、 

 

NAIKA MCが吐いたこの言葉達のような気がする。それは、

 

 

アンタがここのラスボスだろ

今日で看板はおろさせてやるぜ

やられてんだよ アンタに 未だにど真ん中

けど今日はぶっ倒すぜ

般若倒して ここを完全に淘汰

 

般若よりNAIKA MC

時代は変わったぜ Boom Boom Boom

 

いよいよ来たな

これが本当の天下分け目の大戦

今日でMCやフリースタイルダンジョン

全てにおいて激震が起こるぜ 覚えときな

 

それまで般若に辿り着くまでのbattle内容からしても、

NAIKA MCは「時代を動かしたかった」のだろう。

いわば大化の改新ならぬ

 

NAIKAの改新

 

を画策したのではなかろうか。

 

そのあたりの世界観については、ラストバトルにおいて

日本語ラップLegend:いとうせいこう

こんな審査コメントを残している。

 

それまでNAIKAは泥だらけの農民が

竹槍で織田信長を刺しているみたいなそういう凄さがあって、

「頑張れっ!」という気持ちにさせちゃって、

客もそう思ってたと思うんだよね。

 

中省略

 

ギリギリまで竹槍は届いていたと思います。

素晴らしい戦いだったと思います、NAIKA。

 

実際、ただのたとえ話だと受け取ればそれまでだが、

いとうせいこうからすれば、

「農民」が「殿様」に刃を向ける

一揆のような世界観だというのだ。

 

これは、ある意味高評しているようで、

ある意味Disっているようにも見える。

「泥だらけの農民が竹槍」

 

何も持っていないラッパー

(これはバトル中にNAIKA MCが自分で自分を評したが)が、

 

竹槍(パンチライン一本)で、天下人に挑むという世界観。

まさに、歴史上にも類をみない、

大革命を起こそうという世紀の一戦が、

この般若 VS NAIKA MCだったと

日本語ラップLegendいとうせいこうは、

評しているように受け取れる。

 

そして

改新するのか、それとも改心してライミングを学びにいくのか。

あまり、NAIKA MCが改心してライミング・・・という事は

ちょっとあり得なさそう。

 

そう考えると、もしもNAIKAの改新が起こるのであるとすれば、

パンチラインにさらに磨き上げ、韻もフローも

超越した次元の違うパンチラインフェチへと、

刷新することが出来た時が、

 

FORKが、battleで吐いたこのラップ

 

背伸びしてもいいけど身の丈は超えるな

背伸びはまだ地に足が着いてるからな。

 

浮足立つなあくまで身大

そういう言葉にしか俺はしない。

 

お前のstyleが王道になっちまうんだったら

今後battleの熱は当冷める。

 

それが正義だというHIP HOPシーンなら

抜いた刀をとおさめるよ。

 

このライムの連結。やっぱFORKスゴス。。。

このラップとDisを超えて、

ライムもフローも超越する

かいしんのいちげき」的パンチライン連発

超絶パンチラインの時代が到来することでしょう。

まさに、クリティカルヒッターNAIKA MCへと

進化できるかどうか。なのではなかろうか。ってことじゃないか。

 

それこそ、パンチラインライミングを合わせ持つ

ラスボス般若を超えるためには、

長渕剛並、それ以上の重たいパンチラインまで、

NAIKAの刀を磨き上げる必要があるのかもしれない。

 

そう考えると、やはり我らが

漢 a.k.a GAMI御大がしていたコメントが、
NAIKA MC達新勢力側に

突き付けた問題なのかもしれない。

 

安心してたのは、僕だけかな?

僕は嫌な奴になっていいと思って、言いますけど、

 

熱さもラップの格好良さも、

どっち取っても般若がカッケーから、熱いから、

敗ける心配は、一切ねぇなと。

僕は、そう思ってましたね。"同世代"として。

 

・・・

 

バッチリ 般若!!

 

これは、漢御大がただイヤミで言った訳ではなく、

やっぱり、新宿スタイル(≒ガチリアル)だからこそ言える、

 

HIP HOPとしてのリアル

 

が、NAIKA MCと般若を比較すると、

まだまだ僅差とは言えず、

結構な差が開いているような気がする。

 

最後のラスボス戦を見ていて気になったのが、

結構チャレンジャー推しをしがちのLiLy女史は、

終始、審査の時に般若を押していたのは、

その、

 

HIP HOPとしてのリアル

 

の差なのではなかろうかと。

バイブスの深みというのは、

リアルから滲み出るパンチラインであって、

battle慣れしている

「フリースタイルバトル巧者」としての、

表面上のバイブスではない。

 

という意味合いにおいて

漢a.k.aGAMI御大はあのコメントを残し、

バトルにおいてLiLy女史は般若側を

押し続けたのではなかろうかと推測いたします。

 

NAIKA MCが、それこそ漫画NARUTOにいた干柿鬼鮫のような、

パンチラインを妖刀『鮫肌』のような、

化け物級の刀に磨き上げて、

日本語ラップの新時代を切り拓いてくれることを楽しみに、

NAIKA MCを応援したいと思います。

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

アタル式リアルGIFT

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

 

Doモ。ようやく毒素が抜けてきた。(笑)のかなんなのかわからんけど、

あのなんとも言えない気持ち悪い感じが消えてきました。

 

おそらく、一気に断捨離しすぎたのでしょう。

ただ、それによって新しい取り組みを

ようやく始めることが出来ました。

 

これで一番やりたい

「某学校づくり」っていうか

「某フリースクールづくり」っていうかが

確実に実現しそうでございます。

 

やっぱり、情報空間という

MP(マジックポイント)は、

使ってナンボって世界ですね。今の世の中。

 

HP(ヒットポイント)でガツガツ削り合う

肉弾戦だけでいける人は

もちろんそれで良いかもしれませんが、

今の時代、MPをどう使って、

賢く生きるかって事も

問われている世の中なので、

 

上手にやっていったら

良いのになと思いますけど、

まあそのあたりも人それぞれですから、

どーぞお好きにって感じで、

 

まあ薄気味悪いインチキスピリチュアルに

傾倒しちゃうのも1つの

手かもしれませんが、

 

そういえば、わたくしの

「アタル式霊能力伝授」という取り組みも、

1つの区切りと言いますか、

新章突入と言いますか、

わたくしの直伝の章は終了し、

伝えた人たちが伝えていく

段階へと移行しました。

 

個人的には某サッカー協会とかにありがちな、

クソくだらねーピラミッドシステムだけは

作らないでほしいなと思いますけど、

 

まあ、レベルが高い人が

レベルの低い人を導くってのは

当然あり得るスタイルなのですが、

問題なのは、その上下関係が逆なのに、

ただただ、長くいるから上みたいな、

 

恨み屋本舗でも描写されてたけど、

よく某スポーツクラブで長くいたババァが、

なんかロッカーの場所まで牛耳るかのような

よく分からない縄張りシステムだけは

勘弁してほしいなって思います。

 

とは言え、10中9か9.5はそうなるんですけどね。

むしろ0.5だから約5%ぐらいの確率で、

奇跡的な良質コミュニティが出来上がって、

 

世の中を革命的に進ませる

可能性はなくわない訳ですから、

その約5%に賭けるしかありません。

 

これは、もはや人間のセンスだとか

能力だとかではない気がします。

それこそ

 

"選ばれているか、選ばれていないか"

 

なのかなと。

 

まあ、冷静に『生命の樹』のシステムを

読み解くことをおススメしたいですけど、

巷に出ている『生命の樹』のお話は、

もはやなんていうんだろ、

原形をとどめてないなんだろ。。。

たとえたいけどでてこないや。(ゝω・)テヘペロ

 

まあいいや。またテーマと違うわ。。。

ブログはこれがあるから楽しいんだけど。

 

で、テーマは、

 

これはすげーハマった。こっちのブログ書かなくなるかもしれん。(笑)

 

これやな。たしかにこれはパターンの外だった。

久しぶりに文章ダラーって書いて

ろくに開業しないで文章書いてますけど、

やっぱ本ってこんな感じだわなってのも

味わえておもろい。

そして、本とアタル式のブログライティングの

スタイルが全然違う事も分かる。

 

なんつっても本書いてる時は、

Disってる対象が違う。(笑)

アメブロの小者どもの事など

一切頭に浮かんでこない。

それこそ、Disっている相手は国家だったり、

国家の上にある何かだったりするって言う。(笑)

 

まあ、やりたかったことはこれなんだろうなと。

ブログをやって、コンテンツ作ったり、

プロデュース業やって、講師とかしてみて、

結局この階段の踊り場に

いられなくなったのだろう。

 

まわりの自称

「講師」「リーダー」みたいな奴らにも

愛想をつかした感じもする。

もちろん、その対話の問いは、

ひたすら矛盾しているマトリョーシカみたいな、

中身を掘っても掘っても何が答えなのか

結論づかないようなものなのだが、

 

「教育者」を気取る上では、

そこから目を背ける訳にもいかず、

向き合わなければ、もはやすることは

 

ふんぞり返る事

 

しかない。だから「先生」とか「教授」って

 

デブが多い。

 

んですよ。(笑)

 

だってふんぞり返ることしか

やる事がないから。

 

そのあたりに対するチャレンジであり、

「1段上のアンチテーゼ」なんですわな。

 

下から引きずり下ろすアンチテーゼではなく、

上から引っ張り上げるアンチテーゼ。

 

正直、そんなアンチテーゼを

ぶつける事って非常に難しい。

 

だから、計算もせず、狙いもせず、

ひたすら適当に投げ続ける。

 

そうすると、なんかしらが

上にある何かにフックする。

 

引っかかったら、リポDのCMよろしく、

ファイト一発で登ってみる。

 

進化ってのはこの繰り返し。

そこに命の保証なんてない。

 

登ってみてそこに楽園が

存在するかなんて言う保証もない。

むしろ登る前の方が、楽園だったりする。

 

だけど、楽園に定住することが

「幸せ」なのかっていうと、

そうでもない気がする。

 

それって低級霊の

イタズラなんじゃねーのか?

 

と。

 

そもそも人は生きる目的を

忘れて生まれてくる。

もちろん、そんなもんは

はじめからないかもしれない。

 

だけど、「死後の世界」が

存在する例のシステムであれば、

そういうことになる。

 

だとした時に「楽園に定住する」なんていう課題を、

死後の世界で

自分自身設定するのだろうか?

 

おそらくしない。

 

だったら、生まれてこない方が

よっぽど楽園なんだから。

 

某異世界に行った体験談の中に、

はっきりと「この世界は地獄」って

言ってる異世界があるけど、

わたくしもそう思う。

 

こんな地獄みたいなところに生まれてきて、

そこにある「なんちゃって楽園」に定住する。

 

っていう矛盾。パラダイスかもしれんけど、

それは魂というシステムから考えれば、

パラドックス

 

世界観と人間の自我が反目し合う世界観。

それこそ、自分の都合というハンモックで揺られて、

死ぬまで夢を見続ける幻想。

 

幸せを掴んだ妄想を夢枕に

安息の日々を送っていると勘違いしつつ、

実際は何者かにただ監督されているだけ。

 

むしろそこから抜け出すためには、

縛られているルールに対して

反則でもおかすしかない。

そんな時に、甘いお菓子の販促なんか

している場合ではない。

もし売っちゃったとしても、

韓国人がお菓子のゴミを

会場に撒き散らすことに対して、

いちいち注意勧告している場合でもない。

むしろやらかしたら、

そこについては土俵際で踏ん張って

後方にうっちゃった方が良い。

 

もちろん広報などしてはいけない。

方法についても議論の余地はない。

同朋なのかどうかも分からない。

自棄になって暴動を起こしてもいけない。

 

むしろ注意勧告すべき対象は、

となりの国の方達にではなく、

自分自身なのだ。暗黙の了解的に、

見て見ぬふりなどしても、

それこそ自分の魂など成長する訳がない。

やはり傾聴すべきは自分自身なのだ。

 

外側から甘美な誘いが来たとしても、

それは丁重にお断りした方が良い。だって俺たち霊長類。

 

もちろん、脳内から出る物質が、

それなりに居心地の良いものならば、

正常位のまんまで良いのかもしれんけどね。だって私たち霊長類。

 

もしもゲームで考えれば、

ずっとボーナスStageで、

コインをチャリンチャリンさせつづけていたら、

それは「糞ゲー」という烙印を押されるのが必須。

その烙印は低級霊があなたに捧げるKiss。

バックの中にblackdiamondを詰め込んで

バックれるはぐれメタル

経験値荒稼ぎの童貞たちの道程。

 

ダイヤ売って買う豪邸。楽園に定住するSTAY TUNE。

 

それは快楽のようで、

実は、とんでもないドロ沼に喫す。

楽園の定住によって

一番大事なものを失する。されこそ幸も薄め。

 

何が正しいかは、あの二重らせんの梯子が

シースルーで教えてくれる気がしますけどね。

 

そこに我々人間は、あーだこーだと

偉そうなことが言えないでしょ。

そこ人間様が設計したところじゃないので。

 

まあ、登り着く先に拝める絶景は、

むしろ絶望的な世界なのかもしれないから、

飛び降りて事故って

別世界へ飛び立って、

自己の再設定を行う流れなのかもしれません。

 

って事で、

ハマりスイッチが入ってしまったために、

このブログ書くモチベが

どーしても落ちてしまっているので、

陰謀論ではなく、韻暴論者へと化し、

終始、韻踏みまくる事で、収支を合わせていく帳尻合わせ。

 

という調子に合わせて、

ライドオンならぬライムオン。

ライオンハートならぬ、ライムオンハート。

 

踏んで踏んで踏みまくり。

 

未知との遭遇よりも、

快楽主義者が求める

bitchとの遭遇。

 

否、調子に乗って

上に乗られてbitchとの挿入。

 

だとしても、気丈に振舞って、

外では騎乗して急いで事情を伝えて、

その後自浄して、自重するstyleはやっぱり異常。

 

なので、誰かに委譲。これ以上は無常。

恋い焦がれて慕情。フランス人にBonjour

 

そして、やっぱり、

実地での交流。

 

一致してFor you。

 

鮎も欲情も上流から放流。

 

やっぱりしたいよね、豪遊。

 

ああいえば、上祐。総入れ歯の恐竜。

簡単な経済、お金のべんきょとの対話。

ブログサイファー

簡単な経済、お金のべんきょとの対話。

 

はてなブログっていいよね。

結構☆もらった人のブログ見に行っても、

ふつーに貼れる。

 

アメブロだとこうはいかない。

ろくなブログがなくって、

見に行けば大体頭のおかしい世界の事を真顔で、

30,40過ぎた人たちが真剣に語るっていう。

 

もうやってられない。

 

だけど、はてなブログは違う。

むしろそういう訳の分からない、

天使だのパワーストーンだのっていうブログを

まだ見かけない。

 

今回は、

 

簡単な経済、お金のべんきょとの対話。

 

ということで、

 

こちらイケちゃんのブログ

 

www.kantankeizai-kumaburogu.com

 

で御座います。

 

高収入につながる職業の中にあるもの、

それは"リスク"って事で、

そうですね。サバイバル自体っていうか

 

「自分の身は自分で守る」時代に、

わたくしは今はそうなったと思ってまして、

 

サラリーマンってのは飼われてる訳ですから、

リスクはないですね。だけど給料も低い。

 

わたくしが、サラリーマンよりも収入多いのに、

こんなニートみたいな生活している理由も、

要は"リスク"を背負って生きてるからですね。

 

わたくしの場合はこの"リスク"を

 

責任感

 

と言っています。

 

そして、我が家では、

 

責任感は生命力である。

 

というブッ飛んだ見解も持ってます。

 

ぶっちゃけ「つまらない人間」って、

 

・責任感の無い人間

・リスクを背負えない人間

 

だと思います。

ザコキャラって

要はそういう事でしょ。

ザコだから、やられちゃっても

物語に支障をきたす事は無い。

 

だけど、ボスキャラはそうはいかんでしょ。

そんなに簡単にやられたら、

物語がクソつまらなくなる訳ですから、

簡単にやられる訳にはいかない。

 

もちろん主人公だってそうでしょ。

 

だから、孫悟空だろうがルフィだろうが

キン肉スグルだろうが、

何度でも立ち上がる訳ですね。

 

これがザコキャラだった場合、

立ち上がる必要はないのです。

だって、その物語における責任などないのだから。

 

だから、ヤムチャは簡単に、

横になれる訳でしょ。。。

 

逆に、ウソップってのは凄い。

あんなに弱いのに、立ち続ける。

そして、気を失っても相手の

戦意を削ぎに行くっていう。

 

これ、結構トンデモ論でもなく、

事実としてありえる話だと思うんですよ。

 

責任感の強さ = 生命力の強さ

 

って。

 

たまに、お母さんが大病を患っても

「子どものためにまだ死ねない」っていう

NAZOの精神力で奇跡の復活を遂げる的な

逸話ありますけど、

あれ凄いよく分かる。

 

そして、

 

生命力の強さ=責任感の強さ=収入の大きさ

 

って事であれば、

ある意味、金稼いだ方がいいよなって気になる。

 

世の中、なんだかそうなってないように見えるけど、

これ、ある意味宇宙の原理って

言っても良いかもしれない。

 

詐欺師だったとしても、

あいつら生命力は強そう。

結構ゴキブリ並み。

使い方間違ってるだけで、

 

あいつら本当は起業とかしたら、

結構成功するかもしれない。

 

だけど、なぜ詐欺師になってしまうのか?

あいつらは、

 

自分の人生をなんとかしたい。

それこそ誰かを不幸にしてでもなんとしてでも。

 

っていう責任感が強すぎる。

 

だから、あんな感じになっちゃう。

 

で、イケちゃんの↑の記事に挙げられてた、3つの職業。

あれってさ、

 

結構詐欺師みたいな

仕事だったりしないすか?

 

っていう。。。(苦笑)

紙一重っぽくね?

 

なので、そこらへんにヒントって

ある気がするんですよね。

 

だったら、まあ勉強するよりも、

 

責任感を強くする訓練した方が、

何気に収入上がっちゃうかもよ?

 

っていう。

 

まさに今の世の中は、

そこの気が強い。

 

Youtuberだってそうでしょ。

芸人にしても。

アスリートもそうかな。

 

自分が倒れたら収入0.

 

だから倒れてなんかいられない。

すると、勝手に生命力って

上がっていくじゃないですか。

 

要は、そういう事。

 

誰かに飼われて、

人生飼いならされてなんかいるとさ、

 

生命力がグッと下がっちゃうよ?

 

って事。

 

金よりもそっちの方なんだよな。

わたくしがサラリーマンっていうか、

誰かの飼い犬になって生きる理由。

 

変な健康法やるよりもさ、

 

てめぇの身ひとつで打つ博打

 

っていうサバイバル的な人生生きてた方が、

ふつーに細胞が良い緊張感を浴び続けて、

健康でい続けられると思うんですけどね。

 

ちなみに、わたくし買われてた頃は、

病気によくなってました。

一番最悪な時とかは、10代なのに

結核とかになりかかったりして。(ゝω・)テヘペロ

 

だけど、ある時を境に、病気にならなくなりました。

で、やっぱり何者かに飼われそうになったとき、

高熱出てたりしました。

 

細胞なのか何なのか分からないけど、

わたくしの細胞は特に、

ピリピリさせてないと、すぐ弱っちくなる。。。

 

ってのもあって、

まあ、もしなろうとしても、

わたくし社会の飼い犬にはなれんのだけどね。

 

なので、こういう時代になってくれて、

すげー生きやすいです。

 

昔だったら、ただただ社会の血統書付きの飼い犬共に

こき使われてたかもしれんし。

まあ耐えられないから、

日雇い労働者みたいにでもなってたかな。

 

良い時代になりました。

 

だって、

 

生命力(リスクを取れる精神力)さえあれば、

後は、やることやってりゃ、

てきとーに楽しく生きていけるんだから。

 

まあ、イケちゃんのブログ

まだ全部読んでないから分からないけど、

 

「金の稼ぎ方」の事もレクチャーしてるのかな?

 

また近々遊びに行きたいと思いますー。

断捨離して、新しく入れるならこういうのを入れときたい。ってのを入れ始めました。

リアルGIFT磨き

断捨離して、新しく入れるならこういうのを入れときたい。

ってのを入れ始めました。

 

相変わらずだけど、多少抜けてきた。
だけど、さっき書いた記事はやはりはてなブログっぽくなくて、

アタルテイストだったな。。。_| ̄|○ってのはあります。

 

ってのもあるし、

やっぱり10年以上やってきた

ブログ断捨離すれば、

そらそこを埋めたくなるのは

当然と言えば当然ですね。

 

であれば、10年分のコンテンツを埋めるだけの

コンテンツをそこに入れれば

いいんだよな。

って事でもありんす。

 

まあ、これ別に断捨離する

そのスペースを穴埋めするために

決めた訳ではなく、

 

ちょっと前から決めてんだよね。

それは何かっていうと、

 

本を書く。

 

ってことです。

 

本格的に本書く訳ではないのだけれど、

これはこれで、また時代の古い体質を

ぶっ壊していくチャレンジに

もしかしたらなるかもしれません的な。

 

まあ、やってる人はとっくに

やってるだろうけどね。

 

別に物質としての紙媒体の本に

こだわらなければさ、

 

今の時代、金かけずに誰でも

出版することってできるんだよね。

 

って事で、出版業を立ち上げることにしました。

これ、わたくしのスピリチュアルの師匠が、

そっちのジャンルで立ち上げるみたいな話を

2,3年前にしていたのもあるけど、

 

今回は、スピリチュアル関係では

まったくありません。

それこそそっちのジャンルでは

何度も本格的な出版社から

本書いてくれって依頼来てまして、

そのすべてをお断りさせていただいてます。

 

スピリチュアルの業界の本書くと、

もうそれこそ本格的に

そっちの人に思われて、

他の仕事が一切来なくなるっていう。

 

そういう流れみえてるっていうか、

もはやそれは、自ら地雷を

踏みに行くようなものなので。。。

 

結構真面目ですね。

ジャンルで言ったらなんだろ

あんまり「自己啓発」側にも

寄りたくないんです。

自己啓発もスピリチュアルも

親戚みたいなもんなので。

 

どっちかっていうと「実用書」的な。

ある種の「参考書+問題集」的な。

 

こんな本読めば、

学力は低下の一途を

たどりますけど、

人間力っていうか

「生きる力」は

右肩上がりするような、

「どう生きるとコスパ高いか」って本ですね。

 

これまでも、ずっと書いてきましたが、

書きたい対象(ある意味年齢的に)がおりまして、

 

そいつに向かって書くって事が

しときたかったので、(死ぬまでに)

 

ちょうど良い機会だから、書いちゃお。

 

って事で。

それと、わたくしが書いたら、

しかもこの本

誰でもタダで読めるので、

 

本屋に置いてある本達が

ゴミクズみたいになっちゃいますけど、

もうそこに対して気をつかうの

めんどくせーから書きます。

 

まあ、1流のコンテンツメーカーって

ほとんどいないから、

しかも出版業界は猶更。

 

あれは、ある意味

お札刷ってるようなものでしょ。

だって原価なんて

ほとんどない紙に文字印刷して、

それを金に換えてるんだから、

 

ある意味の錬金術だわな。

まあ、いいんだけど、

クオリティは上げていかないと、

もはや神を恐れぬ勢いで、

紙すら要せず、できちゃうのでね、出版。

 

しかも文章だけではなく、

動画だのなんだのって噛ませた方が、

分かりやすかったり、メディアとしても

華やかだったりするって言う。

 

いちいち紙にたしなめるだけの

クオリティのある書物

作れるかどうかってのが、

本来の出版業界には1つ問われている

問題だと思いますけどね。

 

まあ、いいや。

 

って事で、どっかで本を書いてます。

 

すぐ分かるかもしれんけど。

 

って事で、

本日は、あるエンジェル投資家の方に

これからインタビューする企画があるので、こんな感じで。